働きながら取れる資格で女性向きなのは?選ぶコツや勉強方法は?

働きながら取れる資格で女性向きなのは?選ぶコツや勉強方法は?

 

「働きながら取れる資格で女性向きなのはどんな資格?選ぶコツってあるのかな」

 

資格があると手当てがつくなど職場で優遇されますし、転職にも有利です。

そのため、働きながら取れる資格で女性向きな資格を探している方もいるのではないでしょうか?

 

  • 働きながら取れる資格で女性向きなのは何があるの?
  • 働きながら取れる女性向きの資格を選ぶコツを知っておきたい!
  • 働きながら資格を取る場合の勉強方法は?

 

など、働きながら取れる資格について、いろいろと知りたいことがあると思います。

そこで今回は、働きながら資格取得を目指したい女性のために、おすすめの資格を調べてみました。

 

現在正社員や派遣、パートなどで働いている女性でも、年齢や職歴に関係なく取れる資格はいろいろあります。

資格を取得すれば収入アップやキャリアアップを目指すことも可能です。

 

そしてもちろん転職をする時も、大変有利になります。

とはいえ、働きながら勉強するのは実際大変ですし、不安もありますよね。

 

そこでこの記事では、最短で資格を取得するための効率的な勉強方法など、役に立つ内容もご紹介していきます。

「国家資格も目指せる?」などの疑問にもお答えしていきますので、ぜひチェックしてみてください!

 

働きながら取れる資格で女性向きなのは?働きながらのメリットは?

働きながら取れる資格で女性向きなのは?選ぶコツや勉強方法は?

 

最近は結婚していても、子育て中でも正社員でフルタイムで働く女性が増えています。

忙しい毎日でも「何か新しい資格を取りたい」とやる気にあふれている女性も多いのではないでしょうか。

 

資格があれば自分の能力を示せるだけでなく、昇給などのチャンスもあります。

もし余裕があるならぜひチャレンジしたいですよね。

 

働きながら資格取得を狙う場合は、資格の選び方は主に2つあります。

1つは現在の仕事にもすぐ役立つ資格です。

 

もう1つはまったく異なる新しい分野の仕事に使える資格ですね。

現在の仕事を長く続ける予定がある時は、その仕事に役立つ資格を取ればキャリアアップが期待できます。

 

また、仕事への理解も一層深まるでしょう。

一方で転職などを考えている場合は、その転職先の仕事で必要になる資格や就職に有利な資格を狙うことになります。

 

この2パターンの資格のうちどちらが取得しやすいかというと、これは当然ながら前者の方です。

すでに経験と知識がある資格なら勉強もスムーズにはかどります。

 

しかし、まったく経験のない未知なる分野の資格は取得の難易度も上がりますね。

このため働いている女性が資格を取ろうと思った時は、まず自分のやりたいことや理想のライフプランを想像してみてください。

 

その上で、どちらを狙うのか考えてみることが大切です。

実際に貴重な時間を使って資格を取るなら、今後に役立つ資格を狙った方が良いでしょう。

 

まずは働きながら取れる資格で女性におすすめのものを、詳しくご紹介していきます!

 

簿記1級合格で将来税理士資格も目指せる?医療事務なら就職が簡単?

 

「今の仕事にこだわらず転職もアリ」と考えている女性には、将来税理士資格も目指せる「簿記1級」がおすすめです。

実は簿記は事務職を希望する女性に人気の資格ですが、国家資格ではありません。

 

正式名称は「日商簿記検定」と言い、日本商工会議所および各地商工会議所が検定を実施している公的資格です。

よく誤解されがちなので知らなかった人も多いのではないでしょうか。

 

しかしながら簿記は公的資格でありながら非常に知名度と信頼が高く、取得していると転職や就職にとても有利になります。

実は、この簿記の資格は2級までは所有している人も多いのです。

 

しかし1級になると難易度が跳ね上がり、企業の経営レベルの高度な知識が求められます。

そのため、合格率は平均8~10%とかなり低いのが現状です。

 

実際に簿記1級を持っているのは、会社の経営者や大企業の財務関係のトップクラスの人が多いと言われています。

普通の人でここまで目指すのはとても大変なことです。

 

非常に難しい簿記1級ですが、この資格を取得することで経理や財務のプロフェッショナルとして活躍できます。

もちろん事務職でキャリアアップしたい時にも大きな武器になるでしょう。

 

しかも勉強内容に共通点が多い、国家資格の「税理士」も目指しやすくなるというメリットがあるのです。

そのため、将来的には経営者として独立することも不可能ではありません。

 

簿記1級は学歴・年齢・性別・国籍に関係なく誰でも受験できるので、働きながらでも努力次第で取得を目指せますよ。

難しい資格ですが、事務系の仕事では必ず役に立ちますのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

続いて、「経営のプロまでは目指していない、もう少し難易度の易しい資格を狙いたい」という人には医療事務がおすすめです。

医療事務とは主に病院や薬局などで医療に関する事務を行う時に役立つ資格です。

 

こちらは民間資格であり、複数の医療協会などが認定試験を設けています。

医療事務は正社員やパートなどいろんな働き方ができるため、女性に人気の資格として有名ですね。

 

しかし、実は医療事務の仕事は資格が無くてもできる内容が多いのです。

そのため特に資格を持たずに働いている人が多く、逆に資格を取ることで他の人と差を付けることができるようになります。

 

やはり資格を持っていると、即戦力として活躍できるため就職や転職には非常に有利です。

しかも医療事務は資格全体での試験の合格率は、およそ50%なのできちんと勉強すればかなり合格しやすい資格です。

 

そのため働きながらでも取得するのは十分可能だといえます。

医療現場で働きたい方はぜひチャレンジしてみてください!

 

働きながら資格取得をすれば昇給のチャンスも?自由な働き方が叶う?

 

ここまでお話してきたように、働きながら資格を取得すれば昇給やキャリアアップを目指せまます!

もちろん働きながら資格の勉強をするのは大変ですが、資格を取得することで得られるメリットは決して少なくありません。

 

現在の仕事に満足している人も、実は違う仕事を希望しているという人も、資格を取得できれば自由な働き方ができます。

長い人生を考えた時に、資格の有無で仕事への満足度が大きく変わることになるでしょう。

 

資格取得を狙うなら思い立ったが吉日です!

少しでも早く行動を開始してみてはいかがでしょうか。

 

働きながら取れる資格を女性が選ぶコツは?給付金で最大10万円引き?

(引用:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

(引用:https://www.u-can.co.jp/topics/lp/training/index.html?vl=_semg_sip191_gp000&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=ip191_gp000&gclid=Cj0KCQjw06OTBhC_ARIsAAU1yOVJMRp3HQlhzDJY3eBhss__hMvXZriaV3ZuMe4gOcnElmRan8Cas2caAsdgEALw_wcB

働きながら取れる資格で女性向きなのは?選ぶコツや勉強方法は?

 

働きながら取れる資格を女性が選ぶコツは、「教育訓練給付金」という制度を上手に使うことなんです!

この制度を利用すると厚生労働大臣の指定する講座を受講して修了した人に支払った学費の20%が支給されます。

 

なんと、支給額は最大10万円なんです!

「教育訓練給付金」は、例えば通信講座などで受講した場合などに利用できます。

 

新しい資格取得を目指す社会人を、国が応援してくれる制度ということですね!

しかし制度を利用するには一定の条件を満たさなくてはいけません。

 

その条件は次のとおりなので、該当する場合はぜひ制度を利用してみてください。

 

①初めて利用する場合は、雇用保険加入期間が満1年以上であること

②2回目以降に利用する場合は、雇用保険加入期間が前回受講開始日より3年以上であること、さらに前回の支給決定日から3年以上であること

 

この①と②の条件に当てはまっている人は、所定の手続きをすることで給付金を受けることができます。

通信講座などは結構お金がかかりますので、もらえるものはもらっておきたいですよね!

 

雇用保険に加入している人は、忘れないように手続きしてくださいね。

 

女性が働きながら取れる資格を取るための勉強方法は?大切なことは?

働きながら取れる資格で女性向きなのは?選ぶコツや勉強方法は?

 

ここまでは働きながら取れるおすすめの資格をご紹介してきました。

では、女性が働きながら取れる資格を取るための勉強方法はどのようなものがあるでしょうか?

 

資格取得のためには、「効率的な勉強方法と勉強に集中するための環境を整えることが大切です。

ここからはこの2点について詳しくお話していきます!

 

短期間で勉強効果を発揮するためには脳トレで記憶力を鍛えるといい?

 

正社員などで働きながら資格取得を目指す場合は、限られた時間を効率的に使うことが重要ですね。

しかも短期間でしっかり勉強の効果を発揮するためには、記憶力や暗記力が良いに越したことはありません。

 

しかし「昔から暗記は苦手」「最近、物覚えが悪くなってきた」という人もいるでしょう。

では、このような人たちは働きながら資格を取ることはできないのかというと、そうではありません。

 

もし勉強に自信がない人でも、今から脳トレで脳を鍛えることで記憶力や暗記力を高められるんです。

もちろん年齢が何歳であっても全く問題ありません。

 

というのも、最近話題になっている最新の脳トレは年齢や職業などに関係なく誰でも使えます。

しかも脳トレの内容は1日に10分スマホを見るだけです。

 

今、学生から80代の高齢の方まで、いろんな世代の人が記憶力やIQアップの効果を実感しています。

脳トレは面倒くさいというのは今や間違った認識です。

 

10分スマホを見るだけだから、通勤の電車の中、ランチタイム、寝る前などにできてしまいます。

これなら負担にならないので、働いている女性にもぴったりです。

 

記憶力を高めるためには、教材や筆記用具は不要ですし、面倒な計算問題や長時間の勉強は必要ありません。

短時間の脳トレで脳を鍛えることで、記憶力やIQが高まります。

 

そのため、資格試験の勉強もサクサクとはかどるため、新しい内容も苦労せずに覚えられるのです。

忙しい女性が資格を取るためには、最新の脳トレが非常に効果的な方法だといえます!

 

記憶力やIQが高くなると、今の仕事の効率もあがるのも大きなメリットです。

記憶力やIQをアップして、資格勉強に挑みたい方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

働きながら合格を目指すなら周囲の協力が大切!応援してもらおう!

 

女性が働きながら資格試験の合格を目指す場合は、やはり周囲の協力が必要になりますよね。

例えば家事や子育てのサポートをお願いできれば心強いですね。

 

短期集中で合格を目指したいなら、パートナーや同居家族にはしっかり事情を説明しておくことが大切です。

もし今の仕事に関係する資格なら、職場の人にも勉強していることを話しておくのもいいですね。

 

ぜひ周りの応援を上手に味方につけて試験合格を目指してみてください!

 

まとめ

働きながら取れる資格で女性向きなのは?選ぶコツや勉強方法は?

 

ご紹介してきたように、女性が働きながら取れる資格はいろいろあります!

簿記一級や、医療事務は特におすすめの資格です。

 

せっかく努力して資格を狙うなら、自分の人生をしっかり考えて妥協しないで決めることが大切ですね。

そして難易度の高い資格にチャレンジする時は、脳トレなどを活用することで勉強の効率を上げることも可能です。

 

脳トレを行うと脳が鍛えられ、記憶力や暗記力、IQが向上します。

たった10分スマホを見るだけでできる脳トレなら、通勤途中や移動中にもできるのもメリットです。

 

今記憶力が悪いからといって諦める必要はありません。

念願の資格を取得して思い描いたライフプランを実現できるように頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。