50歳おばさんでも宅建は取れる?稼げる?合格のための勉強方法は?

50歳おばさんでも宅建は取れる?稼げる?合格のための勉強方法は?

 

「50歳おばさんでも宅建は取れるのかな?合格するための勉強方法も知りたい!」

 

50歳になって、中高齢の女性に人気がある「宅建」を取りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、今から勉強して本当に資格が取れるのか不安になっている方も多いと思います。

 

  • 50歳おばさんでも宅建は取れるの?
  • 宅建を取れば50歳おばさんでも本当に稼げるのかな?
  • 宅建合格のための勉強方法を知りたい!

 

など、「50歳おばさんでも宅建を取れるのか」について、いろいろと知りたいことがあるのではないでしょうか?

 

そこで今回は人気資格の宅建について、50歳おばさんでも資格取得できるのか詳しくご紹介していきます。

『宅建に合格するにはどんな勉強方法が良いのか』もしっかり取り上げているので、ぜひチェックしてみてください!

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

脳トレ記憶術とは?

 

50歳おばさんが宅建を取れる?50歳で合格しても就職は厳しい?

50歳おばさんでも宅建は取れる?稼げる?合格のための勉強方法は?

 

50歳から宅建の資格試験にチャレンジするのは素晴らしいことで、やる気にあふれている人は輝いて見えます。

しかし、50歳おばさんが宅建を取れるのか心配ではないでしょうか。

 

また仮に合格したとして、50代で就職先は簡単に見つかるのかも少し不安だと思います。

もし、就職できる可能性がないなら時間をかけて資格を取る意味がありませんよね。

 

ここではまず、宅建の合格率や50歳からの就職事情について詳しく見ていきましょう!

 

宅建は法律関係の資格では一番難易度が低い?合格率17%は高いの?

 

最初に結論から申し上げると、50歳のおばさんでも宅建の資格を取ることは十分可能です!

もちろん不動産業界で仕事をしたことがない人でも特に問題ありません。

 

実は宅建はたくさんある法律関係の資格の中では、一番難易度が低いと言われている資格なのです。

全体の合格率はおよそ17%で、毎年約3~4万人が試験に合格しています。

 

年齢別の合格率などは特に発表されていませんが、合格者が最も多い年代は30代です。

これは、実際に試験を受けるのが30代が多いからというシンプルな理由ですね。

 

宅建は、主に不動産業界で働くなら必ず取っておいた方が良い資格とされています。

そのためキャリアアップを目指す30代の中堅社員が多く受験しているのです。

 

しかし合格者の中にはもちろん50代もたくさんいますし、それ以上の年齢の方もいます。

一部のデータでは、2020年度における宅建試験の合格者の約3.4%は主婦だという情報もありますよ。

 

このように主婦でも50代でも合格を狙えることが分かるとやる気が出ますよね。

しっかり試験対策をすれば、50歳おばさんでも宅建に合格するのは夢ではありません!

 

宅建を取っても50歳は就職が厳しいのが現実!職はタイミング次第?

 

さきほどもお話したように、50歳女性でも宅建の資格を取ることは十分に可能です。

しかし資格を取れるからといって、就職も必ずできるとは限りません。

 

一般的には、50歳は世間的に見ると退職も視野に入れている年代になります。

また、早い人なら早期退職してリタイアする人もいるでしょう。

 

もしも50歳で不動産関係の職歴がゼロなら、はっきり言って就職は厳しいのが現実です。

例えば職歴がなくても、若い世代の人なら資格を持っていればすぐに就職先は見つかる可能性があります。

 

その点、50歳おばさんとなると不利でしょう。

ただし就職はタイミング次第でチャンスがまったく無いわけではありません。

 

たくさん就職の面接を受ければ採用される確率は上がりますので、決して諦めないことが大切です。

また50歳女性は、人生経験が豊富なので不動産の接客などでは需要もあります。

 

せっかく資格を取るなら、妥協しないで少しでも良い条件の就職先を選びたいですね!

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

50歳のおばさんが宅建に合格する方法は?合格のための勉強方法は?

50歳おばさんでも宅建は取れる?稼げる?合格のための勉強方法は?

 

では次に50歳のおばさんが宅建に合格する勉強方法も考えてみましょう。

実は、一番おすすめなのは、脳トレで脳を鍛えながら勉強する方法なんです。

 

先ほどご紹介したように、宅建は法律関係の試験の中では比較的簡単だと言われています。

しかし簡単とは言っても宅建の合格率はわずか約17%です。

 

法律の勉強をしたことがない50歳女性にとっては、難しいと感じる人もいますし、そもそも記憶力も低下しています。

だからこそ脳トレで脳を鍛えて記憶力を高め、勉強するのが一番効率的なんです。

 

ここからは脳トレを勉強に役立てるメリットなどを詳しくお話ししていきます!

 

失われていた記憶力・暗記力を高める脳トレで暗記を楽にしよう!

 

宅建の勉強をするなら、「脳トレ」で失われていた本来の記憶力や暗記力を取り戻すことが大切になります。

50歳のおばさんにもなると20代や30代の頃よりも、かなり記憶力や暗記力が衰えてくる人が多いのです。

 

実際、もの忘れが増えたり新しいことが覚えにくくなったなと感じることも増えますよね。

しかし宅建の資格試験には、専門的な知識や法律など覚えなければいけないことがたくさんあります。

 

そのため、少しでも記憶力や暗記力が高い方が勉強には有利になるのです。

脳トレで脳を刺激して活性化させれば、論理的な思考が身に付きIQが高まるんです。

 

勉強が効率的に進み、しっかりと頭の中に入るのは間違いありません。

中には子供の頃から、記憶や暗記にはまったく自信がないという人もいますよね。

 

また「50歳から記憶力を高めるなんて無理だろう」と心配する人もいるかもしれません。

でもそんな心配はしなくて大丈夫です。

 

実は最新の脳トレを実践すれば誰でも、何歳からでも驚くほど簡単に記憶力や暗記力を高めることが可能です!

実際、子供はもちろん80代の方も使って効果を実感しています。

 

しかも時間をかけたトレーニングや、教材や筆記用具、複雑で面倒な作業は一切ありません。

今話題の「宮地式脳トレ記憶術」なら、1日にたったスマホで10分動画を見るだけで脳が鍛えられるんです。

 

だから、家事の合間の隙間時間や電車の中でも脳トレができてしまいます。

つまり記憶力を高めるのに努力は必要ないんですね。

 

この宮地式脳トレ記憶術を開発したのは、記憶力で世界新記録を樹立した宮地真一という人物です。

宮地真一氏はIQ 130以上の人しか入れないというMENSA(メンサ)の会員としても有名ですね。

 

また、記憶に関するスペシャリストとしてテレビや雑誌など数多くのメディアにも登場しています。

そんな人物が開発した脳トレはやっぱり中身の信頼度が違います。

 

何もせずに資格の勉強をするのと、脳トレで記憶力や暗記力を高めながら勉強するのでは効率が大きく変わります。

当然ながら脳トレをしながら勉強した方が、宅建試験に合格できる確率は確実に高くなるでしょう。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

金銭的余裕があって時間がない場合は通信講座で1発合格を狙おう!

 

さらに金銭的に余裕がある人は通信講座を利用してみるのもおすすめです!

最近はいろんな通信講座が登場しています。

 

宅建試験は専門的な法律などの勉強も出てきますので、疑問などをすぐに質問できる通信講座はかなり便利です。

特に主婦や仕事をしている人は、資格取得のためにスクールなどに通うのは難しいですよね。

 

でも、通信講座なら自宅にいながらプロの講師のサポートを受けることができます。

脳トレで暗記力を高め、通信講座でサポートを受けながら勉強すれば、50歳主婦でも宅建に1発合格するのは夢ではありません。

 

特に忙しい人は短期集中でしっかり効率的に勉強するのがポイントです。

ただし通信講座はそれなりにお金がかかります。

 

利用する場合は、いろんな講座のパンフレットなどを取り寄せて中身や金額をしっかり比較することも大事です。

もし現在働きながら資格を狙うという人は、受講費用が一部戻ってくる教育訓練給付制度などもあります。

 

ぜひチェックしてみてください!

 

50歳おばさんが宅建の他に稼げる資格は?行政書士なら開業できる?

50歳おばさんでも宅建は取れる?稼げる?合格のための勉強方法は?

 

ここまでは宅建の資格についてお話ししてきましたが、50歳おばさんが宅建の他に稼げる資格は他にもあります!

例えば、同じ国家資格の行政書士なら将来的に独立して開業することも可能です。

 

行政書士は役所などへ提出する公的な書類を作成したり、企業で会計や財務の管理を行ったりするのが主な仕事になります。

こちらもかなり社会的に信頼性の高い資格として人気です。

 

ちなみに行政書士の毎年の合格率はおよそ10~15%です。

宅建より少し難易度は上がりますが、脳トレや通信講座を利用すれば十分合格を狙える範囲でしょう。

 

もし独立開業すれば、年収は1000万円以上とも言われています。

第2の人生を始めるにあたってしっかり稼ぎたいという場合もおすすめです。

 

興味のある方は、行政書士を検討してみても良いかもしれませんね!

 

まとめ

50歳おばさんでも宅建は取れる?稼げる?合格のための勉強方法は?

 

今回は、「50歳おばさんが宅建の資格を取れるのか」というテーマでお話ししました。

結論としては、50歳であっても今から勉強して宅建に合格することは十分可能です。

 

ただし、現実的には記憶力などが低下しているため、効率的に勉強をする必要があります。

そのためにも、脳トレで脳を鍛えながらを高めながら勉強するのがおすすめです。

 

1日10分スマホを見るだけの脳トレを行えば、記憶力やIQが高まるため勉強内容がすんなり頭に入るようになります。

さらに、必要に応じて通信講座を利用するとさらに合格の可能性が高くなるでしょう。

 

そうすれば最短で試験に1発合格することも不可能ではありません。

資格の勉強は何歳からでも始められますし、今から人生を大逆転させることもできます。

 

50代からさらに豊かで充実した人生を送るためにも、チャレンジしてみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。