50代人生やり直し?取るべき資格や離婚でリセットする注意点を徹底解説!

50代人生やり直し?取るべき資格や離婚でリセットする注意点を徹底解説!

 

「50代人生やり直しできるか心配!取るべき資格や離婚でリセットするときの方法を知りたい」

 

長い人生には予想外のできごとがいろいろ起こるため、本人同士にしか分からない原因で離婚を考えることもあるでしょう。

しかし、50代ともなると若い時とは異なり、離婚に不安を覚えて少しためらってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

  • 50代で人生をやり直したい時に取るべき資格3選
  • 50代で離婚して人生をリセットする時の注意点
  • 離婚後の生活を元気にイキイキと過ごすためにおすすめの脳トレ習慣

 

など、50代からの離婚を考えている人は、うまくいくようにいろいろと知っておきたいですよね。

そこで今回は、50代が離婚で人生をやり直しする際に取るべき資格や、リセットするときの注意点をお話ししていきます。

 

離婚後でも生き生きと元気に過ごすためのコツも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

 

50代人生やり直し?50歳からの成功者になれる取るべき資格を紹介

50代人生やり直し?取るべき資格や離婚でリセットする注意点を徹底解説!

 

50代から離婚して人生をやり直すためには、やはり何よりもまず収入を確保することを考えなくてはいけません。

それには50代から挑戦して成功できる可能性が高い資格を取得して、確実な収入を得るのがおすすめです。

 

  • マンション管理士:中高年層に人気のある資格
  • 中小企業診断士:中小企業の経営課題についてアドバイス
  • 社会保険労務士:合格率は低いが、あれば有利

 

これら3つの資格について、なぜ成功できる可能性が高いのかなどくわしくご紹介していきます!

 

マンション管理士:中高年層に人気のある資格

 

50代の人にまずおすすめしたい資格は「マンション管理士」です。

マンション管理士はマンションの管理組合などに関して指導やアドバイスなどを行う専門的な国家資格になります。

 

いわば、マンションのコンサルティング業務を行う仕事です。

主に住人とマンション経営者との法律に関する仕事を行うため、資格取得の難易度はかなり高めといえます。

 

試験の合格率はおよそ7~9%と聞くと、難易度の高さが実感できますね。

簡単に取れる資格ではありませんが、資格さえ持っていれば日本全国どこでも仕事ができるのがメリットです。

 

将来的にも仕事がなくなってしまう心配がないのが強みですね。

一般的なマンション管理士の年収は400万円前後だと言われていますが、経験を積んで独立すればさらに高収入も望めます。

 

50代女性が、不安なく生活していくだけの収入が得られますよ。

マンション管理士は、50代以上の中高年にも人気の資格なので狙ってみる価値は十分あるでしょう。

 

中小企業診断士:中小企業の経営課題についてアドバイス

 

50代で高収入を得られる資格を取得したいなら「中小企業診断士」もおすすめです。

中小企業診断士は主に中小企業の経営者に対して、経営の指導や改善アドバイスなどを行う資格になります。

 

この中小企業診断士も国家資格であり、一度取得すれば女性でも食べていくのに困る事は絶対にありません。

中小企業診断士の一番の魅力は収入の高さであり、全体の約3割が年収1000万円を超えているというデータがあります。

 

さらに全体の5割以上が年収800万円以上です。

これだけの収入が確保できれば老後の貯えまでしっかり準備できますし、生活に不安なく暮らしていけるのは間違いないでしょう。

 

ただし中小企業診断士は経営者へのコンサルティング業務になるため当然ですが難易度が高いです。

ストレートで一発合格できる確率は、なんと約4~8%程度だと言われています。

 

しかし難易度が高い分、持っているだけでもかなり重宝されることは間違いありません。

この資格を持っていれば、たとえ50代以上だとしても再就職もかなりしやすくなるでしょう。

 

実際に仕事をするには起業の経営者と対等に渡り合えるだけの知識や経験も必要になりますね。

しかしだからこそ人生経験が豊富な50代以上の資格保有者の需要が高まっています。

 

年齢が高いから今さら資格なんて、とあきらめる必要はないのです。

離婚後の生活を考えて高収入を確保したいなら、中小企業診断士はぜひ資格取得の候補の1つに考えてみてはいかがでしょうか。

 

社会保険労務士:合格率は低いが、あれば有利

 

さらに50代以上は、社会的地位のある資格にチャレンジするのもおすすめです。

例えば「社会保険労務士」などは世間的に見て非常に信頼感のある国家資格として中高齢世代に人気があります。

 

社会保険労務士とは社会保険や労働保険に関する業務を行う国家資格です。

実は、資格取得には条件があり、学歴または一定の実務経験が必要になります。

 

そのため誰でもすぐに試験を受けられるわけではありません。

さらに試験内容も法律が絡んでくるため非常に難しく、他の国家資格よりも資格取得の難易度は高いと言われています。

 

その合格率はおよそ6%前後です。

合格率を見てもわかるように、たしかに資格取得の条件や試験の難易度的に50代で資格を取得するのは大変だといえます。

 

もちろん頑張り次第では決して不可能ではありませんし、実際に50代以上で合格している人もたくさんいます。

社会貢献できる素晴らしい仕事に就くことができますので、興味がある方はチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

この資格さえあれば、離婚後の第2の人生も順調にスタートさせることができますよ。

仕事そのものもやりがいがあり、充実した日々が送れるでしょう。

 

50代で人生やり直し?50歳からの人生を離婚でリセットする前の注意点

50代人生やり直し?取るべき資格や離婚でリセットする注意点を徹底解説!

 

50代で離婚するなら仕事を確保する以外にも考えておくべきことはたくさんあります。

次の3つのポイントは、しっかり押さえておきましょう。

 

  • 離婚後の生活費を稼ぐプランをしっかり立てる
  • 「財産分与」と「年金分割」を多く受ける
  • 婚姻費用の分担を請求し、生活費の負担を減らす

 

ここからは50代で離婚して人生をリセットする場合の3つのポイントについて、詳しくお話ししていきます。

 

離婚後の生活費を稼ぐプランをしっかり立てる

 

冒頭から何度かお話していますが、やはり離婚で一番の問題になるのはその後の生活費についてです。

人によって事情は異なるものの、基本的に離婚後は自分だけの稼ぎで生活していかなくてはいけません。

 

それまで夫婦共働き、または専業主婦で生活していた人にはこの点が一番の不安材料になります。

特に専業主婦だった人は、大きな不安を覚えるはずです。

 

そのため離婚を考えている場合は、まず最初に自力で生活費を稼ぐプランをしっかり立てることが重要ですね。

生きていくためには、当然最低限のお金が必要になります。

 

状況によっては家を出て、賃貸住宅を借りることになれば家賃も払う必要がでてきます。

さらに、充実した毎日を過ごすためには趣味や外食、旅行を楽しめるぐらいの多少の余裕も欲しいですよね。

 

お子さんが一緒の場合はなおさらだと思います。

もし50代まで正社員でバリバリ働いていた人なら問題なくすぐに離婚を決めても良いでしょう。

 

しかしそれまでパートや専業主婦だった場合は不安が募ります。

老後までの長い人生を考えるなら、貯金があったとしても仕事はしていかなければいけません。

 

さきほどご紹介した人気資格を取得するにはある程度の勉強時間も必要です。

それらのことを考えると50代以上の離婚は、その場の勢いだけで行動するのはあまりおすすめできません。

 

できれば資格を取得して仕事が決まった状態で離婚するのが理想的でしょう。

 

「財産分与」と「年金分割」を多く受ける

 

50代での離婚になると「財産分与」と「年金分割」も重要なポイントになります。

結婚してからの財産や貯蓄は夫婦共同のものになるため、得られるものはしっかり請求することが大切です。

 

さらに年金取得まではまだ時間がありますが、年金分割の手続きは原則離婚してから2年以内という期限があります。

離婚しただけでは自動的に分割にはならず、必ず自分で手続きが必要です。

 

年金は老後の生活を支える大きな収入になりますので、こちらも忘れずに手続きしておかなくてはいけませんね。

ちなみに年金の3号分割に関しては相手の同意が必要なく1人で手続きが可能です。

 

わからないことや詳しいことは年金事務所で説明を受けることができるので、相談にいきましょう。

少しでも多くの年金分割を受けられるように手続きしてください。

 

婚姻費用の分担を請求し、生活費の負担を減らす

 

離婚を考えるほど夫婦仲が悪くなると、ひとまずは別居するケースも多くなります。

離婚後に使えるお金を少しでも貯めておくためには、別居期間中の婚姻費用の分担を請求した方が良いでしょう。

 

婚姻費用とは、夫婦と未成熟の子が生活していくための費用のことです。

別居中であっても婚姻関係にある限り、夫または妻は収入などに応じてパートナーと子供の生活費を分担する義務があります。

 

よって資格を取得して仕事が決まるまでの間は離婚せず、別居して婚姻関係を継続させる方法もあるのです。

そうすると生活費の分担を請求することができるので、余裕がうまれるでしょう。

 

万が一関係がこじれて相手が支払いを拒否する場合は、弁護士などを通じて請求することも可能です。

無料の弁護士相談などもあるので、まずは諦めずに行動することが大切ですね。

 

50代で新たな人生をスタートさせるために、もらえるものはしっかり受け取って離婚後の生活の準備に当てるようにしましょう。

 

50代からの逆転?記憶力がぐんぐん上がる秘密の脳トレとは?

50代人生やり直し?取るべき資格や離婚でリセットする注意点を徹底解説!

 

50代からチャレンジして成功できる資格をご紹介しましたが、どの資格も取得は簡単ではありません。

勉強や仕事から遠ざかっていた場合はハードルが高いなと感じた人におすすめなのが、次の特徴をもつ脳トレです。

 

  • 1日10分動画を見るだけでIQや記憶力が上がる脳トレ
  • 宮地式脳トレ記憶術開発者は高IQ集団「メンサ」日本人会員
  • いつでもどこでも年齢を問わず手軽にできる!

 

宮地式脳トレ記憶術は、記憶力やIQが上がるとネットやテレビなどでも注目を浴びています。

この講座はあの世界的に有名な高IQ集団の組織「メンサ」の日本人会員である宮地真一氏が開発したものです。

 

宮地真一氏と言えば記憶力で世界ギネス記録も達成した有名人ですね。

そんな天才が考案した「宮地式脳トレ記憶術」は、1日にスマホやタブレットで10分の動画を見るだけです。

 

たったこれだけで記憶力とIQが上がる魔法の脳トレになります。

当然、教材を揃える必要もありませんし、当然テキストの問題を解く必要もありません。

 

「宮地式脳トレ記憶術」は動画を見るだけなので、年齢や経験に関係なく誰でも楽しく脳トレができるのが大きな魅力です。

とはいえ、たった10分の動画でIQが上がるなんて信じられない人も多いでしょう。

 

しかし実際にこの講座で難しい資格を取得した中高齢の会社員もいますし、現役で最難関大学に合格した学生もいるのです。

さらに物忘れに悩む主婦がその症状を劇的に改善した例もあります。

 

高齢者の加齢に伴う記憶力の低下にも役立つことも実証されているのです。

IQや記憶力が向上すれば、理解度も深まっていきます。

 

日頃の会話などでも、理路整然と話ができるようになるのもメリットです。

この脳トレを毎日の習慣にして楽しむことで、50代であっても難しい資格試験に一発合格することも夢ではありません。

 

脳トレを行うことは離婚後の自由な生活を手に入れるために必ず役に立つでしょう。

もし今から資格試験にチャレンジしようと考えている方は、勉強と合わせてぜひ脳トレも始めてみてはいかがでしょうか。

 

脳トレで記憶力やIQが向上すれば、多忙な中でも効率的に資格勉強ができます。

きっと短期間で「これはいける」と自信がみなぎってくるはずですよ。

 

まとめ

50代人生やり直し?取るべき資格や離婚でリセットする注意点を徹底解説!

 

50代で離婚をして人生をやり直すのは簡単なことではありません。

しかし離婚後の生活をしっかり考えて準備すれば、イキイキとした充実した人生を再スタートさせることができます。

 

今回ご紹介した中で特にお伝えしたかった重要なポイントは次の通りです。

 

  • 50代でも離婚して人生をやり直すことは十分可能!
  • 50代におすすめの資格は「マンション管理士」「中小企業診断士」「社会保険労務士」
  • 50代で離婚するならしっかり稼げる資格と仕事が重要
  • 離婚する際は「財産分与」「年金分割」もしっかり行う
  • 離婚前の別居期間は「婚姻費用」もきっちり請求する
  • 資格試験の一発合格を目指すなら最新の脳トレを使った勉強法がおすすめ!

 

50代からの離婚はその後の生活を考えて計画的に行動することが大切です。

脳トレで脳を鍛えつつ自分に合った仕事や資格を身に付けて、明るい第2の人生をスタートさせましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。