不動産鑑定士は難しすぎる?難易度ランキングと合格率を大学別でご紹介!

不動産鑑定士は難しすぎる?難易度ランキングと合格率を大学別でご紹介!

 

「不動産鑑定士の難易度ランキングを知りたい!難しい資格なので偏差値や大学別合格率もみておきたい」

 

不動産鑑定士は貴重で需要が高い国家資格ですが、難易度が高いため取得している人は少ないのが現状です。

資格を取得したい人からすれば、不動産鑑定士がどれぐらいのレベルなのか気になりますよね。

 

  • 不動産鑑定士の難易度ランキングを見てみたい、他の難しい資格も知りたい!
  • 不動産鑑定士ってどのくらいの偏差値なのかな?
  • なんとか受かりたいから効率的な勉強方法も知りたい!

 

など、資格取得を目指す人は不動産鑑定士の難しさについて、いろいろと知っておきたいと思います。

そこで今回はこの最難関と言われている、不動産鑑定士の難易度ランキングについて調べてみました。

 

国内の資格の中でも特に難しいと言われる資格は「不動産鑑定士」といわれています。

不動産鑑定士は、不動産の鑑定を行って価値や評価を付けるのが主な仕事です。

 

不動産関係の仕事をしたい人で、資格取得を考えている人もいると思います。

実際どれだけ難しいのか気になりますし、大学別の合格率もみておきたいものです。

 

そこで、合格者の多い大学や偏差値なども一緒にご紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてください!

 

不動産鑑定士の難易度ランキング!難しすぎる資格を合格率で比較

不動産鑑定士は難しすぎる?難易度ランキングと合格率を大学別でご紹介!

 

不動産鑑定士は、一般的には司法書士などの最難関の資格にも並ぶほど難しい資格だと言われています。

そのため、何年もかけて資格の勉強をする人もたくさんいるようです。

 

でも難しいと言われても普通の人にはどれほどなのか、いまいちはっきり分かりませんよね。

そこで他の難関資格と言われるものと比較しながら、詳しくご紹介していきます!

 

1位:不動産鑑定士は合格率5.9%

引用:https://koumuin-labo.net/category291.html#i3

 

まずは不動産鑑定士です。

不動産鑑定士の合格率は、およそ5.9%になります。

 

これは大卒や社会人などすべての人をまとめた合格率です。

ある情報によると高卒や中卒の人の合格率は3%を下回るとも言われていますので、非常に難しいことが分かりますね。

 

実は不動産鑑定士は受験資格などはなく、試験は誰でも受けることができます。

しかしこの合格率の低さを見ると、よほど気合を入れて勉強しなければ合格するのは不可能でしょう。

 

軽い気持ちでのチャレンジは困難なので、長期的な計画も必要です。

また合格者の平均年齢は35歳ほどになっています。

 

ある程度の社会経験を積んだ人が、しっかり知識をつけて挑む試験という感じです。

ただし若い人は10代、上は60代の合格者もいるので諦めずに挑戦すれば誰でも合格できる可能性はあります。

 

もし独学が厳しそうなら予備校や通信講座を利用するのも1つの方法です。

予備校や通信講座はお金がかかりますが、プロの講師の指導やサポートを受けることができます。

 

さらに同じ目標を目指す人と切磋琢磨しながら合格を目指せるのも、予備校のメリットでしょう。

一方でお金をあまりかけられない、忙しくてまとまった勉強時間を確保するのが難しいという人もいますよね。

 

そういった方はスマホアプリや脳トレを取り入れてみるのもおすすめです。

後ほど詳しくご紹介しますが、最新の脳トレで記憶力などを上げて勉強すれば効率はかなり良くなります。

 

超難関の不動産鑑定士の資格も、夢の一発合格もめざすことができますよ!

 

2位:マンション管理士は合格率8.6%

 

次に難易度が高いと言われるマンション管理士について見ていきましょう。

マンション管理士も難関とは言われますが、合格率は8.6%です。

 

ここ数年は7~9%で推移しています。

さきほどの不動産鑑定士に比べると合格率はやや高いですが、100人受けて8人ほどしか合格することはできません。

 

かなり難易度が高い資格だとわかりますよね。

というのもマンション管理士は法律の知識などが必要で、専門的な勉強が必須となるからです。

 

知識がない素人にとっては法律の勉強は大変ですし、試験の難易度が上がっているのも当然です。

ただしマンション管理士は、老後も働きやすい仕事の1つだと言われています。

 

中高齢の人の受験者も多いので、第2の人生に向けて取得を考えてみるのもおすすめです!

 

3位:一級建築士は10.6%

 

さらに世間的な信頼度の高い一級建築士は、合格率が10.6%です。

一級建築士は受験資格があり「4年制の大学で建築学科を卒業している」か「2年以上の実務経験」が必要です。

 

受験資格があるということは、ある程度の知識と経験を積んだ人しか試験を受けていないわけです。

しかしそれにも関わらず合格率が10%ほどしかありません。

 

つまり試験内容がそれだけ難しいからということがよくわかりますよね。

しかし他の資格と同様に、一級建築士も取得すれば人生安泰です。

 

年齢が高くなっても長く働けますし、独立開業もできますね。

難しい試験ですが、一級建築士の資格を持っていれば現場の責任者などにスキルアップするチャンスもあります。

 

頑張ってみる価値はあるのではないでしょうか。

 

不動産鑑定士の合格レベルは偏差値74!気になる合格数を大学別で紹介

不動産鑑定士は難しすぎる?難易度ランキングと合格率を大学別でご紹介!

 

不動産鑑定士の合格率の低さを見ると、難しい資格であることが分かりますね。

実は、一説によると不動産鑑定士に合格するためには、なんと偏差値は74必要だと言われています。

 

偏差値74と言えば国立大学レベルです。

つまり非常に賢い人しか合格できない難関資格ということになります。

 

続いては、不動産鑑定士の合格数を大学別で調べてみた結果をご紹介していきましょう。

これまで曖昧に「難しそうだな」と考えていた資格の難しさをリアルで実感できますよ!

 

1位:早稲田大学から35名

引用:https://koumuin-labo.net/category291.html#i3

 

今回調べたデータは平成14年度のものです。

少し古いデータになりますが、この年に不動産鑑定士の試験に合格したのは早稲田大学の35名が最多数でした。

 

早稲田大学の偏差値は学部にもよりますが、62.5~70だと言われています。

やはり優秀な学生が多い大学は難関資格の合格者も多いですね!

 

2位:慶應義塾大学から29名

 

次に不動産鑑定士に合格した人数が多いのは、慶應義塾大学です。

慶應義塾大学の偏差値は65~76だと言われています。

 

そして平成14年度の不動産鑑定士の合格者数は29名でした。

ちなみにその前年度は慶應義塾大学が1位で33名、早稲田大学が2位で31名でした。

 

つまり早稲田大学と慶応義塾大学、この2大学が不動産鑑定士合格のツートップで間違いないでしょう。

 

3位:中央大学から17名

 

さらに平成14年度における不動産鑑定士の合格者数の3位は、中央大学の17名でした。

1位の早稲田と2位の慶應義塾に比べると少し少ないですが、それでもすごいですね。

 

中央大学の偏差値は52.5~65で、こちらも非常に優秀なレベルの大学です。

さらに4位以下は同志社大学や立命館大学が続きます。

 

やはり国内でも有名な、優秀な大学ばかりです。

このことから、不動産鑑定士の難易度は、優秀な現役の学生でも簡単な資格とは言えないことが分かりますね!

 

難関資格がラクラク合格?記憶力がぐんぐん上がる秘密の脳トレとは?

不動産鑑定士は難しすぎる?難易度ランキングと合格率を大学別でご紹介!

 

ここまでご紹介してきたように、不動産鑑定士はたくさんある資格の中でも特に難易度が高いのです。

どんなに勉強ができる人でも一発合格できるとは限りません。

 

しかしそんな難関資格もラクラク合格できる秘密の脳トレがあるのをご存知ですか?

その脳トレとは「宮地式脳トレ記憶術」と言います!

 

「宮地式脳トレ記憶術」の一番の特徴は内容が非常にシンプルである点です。

コツコツ積み重ねて、脳をトレーニングしていくのが今までの脳トレだったと思います。

 

そのため、普通の脳トレは毎日のノルマに結構時間がかかったり、難しすぎて挫折してしまうこともありますよね。

しかしこの「宮地式脳トレ記憶術」は、1日にスマホで10分の動画を見るだけです。

 

本当に他にトレーニングなど一切なく、後は勝手に記憶力やIQがぐんぐん上がっていきます。

実はこの脳トレを考案したのは記憶力で世界新記録を樹立し、「メンサ」の日本人会員でもある宮地真一という人物です。

 

メンサは、IQ130以上の人しか加入できない超天才たちが集まる組織ですね。

普通の人がIQ90~100程度なので、どれだけ優秀かよくわかると思います。

 

ちなみにメンサの会員には、脳外科医の茂木健一郎さんなど有名人も加入しています。

そんな優秀な人物が無駄を省いてシンプルに作った脳トレが「宮地式脳トレ記憶術」です。

 

動画を見るだけで記憶力が上がるというのも、信ぴょう性があると思いませんか?

実際にこの脳トレを使って膨大な数の英単語がスラスラ頭に入ったという受験生や、物忘れが改善できた主婦がいます。

 

今や脳トレは認知症予防のためだけのものではありません。

脳トレを毎日の習慣にすれば、難易度の高い資格試験の勉強にも必ず役に立ちます。

 

記憶力に自信がない人でも、暗記が楽しくなってくるに違いありません。

また記憶力やIQが上がったことで物忘れが改善したり、小さなミスが減ったりしたと感じている人も多いようです。

 

つまり、脳がレベルアップすれば生活の質まで向上していくといえますね。

これもかなり大きなメリットでしょう。

 

さらに「宮地式脳トレ記憶術」は動画を見るだけなので年齢や経験などに関係なく、誰でも使えるようになっています。

家族みんなで脳トレでレベルアップを目指すのもおすすめですよ。

 

興味がある方はぜひLINE登録してその効果を確かめてみてください!

 

まとめ

不動産鑑定士は難しすぎる?難易度ランキングと合格率を大学別でご紹介!

 

不動産鑑定士は難しいといわれていますが、他の難関資格と比べても難しい試験になっています。

初めてチャレンジする人には、かなりハードルが高いかもしれません。

 

しかし脳トレなどを上手く使えば、1回で合格するのも決して不可能ではありません。

先ほどお話ししたとおり、不動産鑑定士の資格試験には、受験資格がありません。

 

だから何歳であっても、他の仕事をしながらでもチャンスはあります。

たとえ有名大学の学生でなくても、記憶力やIQが上がればどんな難しい試験でも合格を目指すことは可能です。

 

脳トレを勉強に取り入れ、脳を活性化させて「不動産鑑定士」を手にできるように頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。