国家資格になりそうな資格は?不動産の独学で取れる国家資格も紹介

国家資格になりそうな資格は?不動産の独学で取れる国家資格も紹介

 

「国家資格になりそうな資格は何がある?不動産の独学で取れる国家資格があるなら知っておきたい」

 

民間資格の中には知名度があって重要な資格でも、まだ国家資格になっていないものがあります。

今後国家資格になりそうな資格は、難易度が上がる前に先に取得しておきたいですよね。

 

  • この先国家資格になりそうな資格があれば取っておきたい!
  • 独学で取れる不動産関係の資格はある?
  • 資格取得に必要な勉強方法を知っておきたい!

 

など、国家資格になりそうな資格や資格取得について、いろいろと知りたいのではないでしょうか?

そこで今回は、これから国家資格になりそうな資格について詳しくご紹介していきます!

 

どの分野においても、国家資格を持つ人は待遇や給料、転職などさまざまな点で優遇されますよね。

そのため、これから国家資格になりそうな資格は今のうちに取っておくと有利になるので、ぜひチェックしてみてください!

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

国家資格になりそうな資格は?ネット上で噂のおすすめ資格3選!

国家資格になりそうな資格は?不動産の独学で取れる国家資格も紹介

 

まだ民間資格ですが、これから国家資格になりそうだと噂されている民間資格はいくつかあります。

後ほど詳しくご紹介しますが、実際に不動産関係の資格で2021年度に新しく国家資格になったものもありました。

 

ここでは、近いうちに国家資格になりそうな資格を3つピックアップしています。

ぜひ参考にしてみてください!

 

診療情報管理士:大学病院や総合病院の勤務に

 

まずは注目したい資格は、医療関係の資格の1つである「診療情報管理士」です。

「診療情報管理」とは、大学病院や総合病院など大きな病院での勤務がメインとなります。

 

業務内容としては患者さんの診療情報からさまざまなデータなどを集計、管理するのが主な仕事です。

そのため、診療情報管理士は実際に患者さんと接する仕事ではありません。

 

しかし作成するデータは、医療の安全やサービスの向上に役立てられるため非常に重要な仕事になります。

今は「日本診療情報管理学会」が管理していますが、将来的には国家資格になる資格の1つだと言われています。

 

医療分野で事務職で働きたいなら、ぜひ注目しておきたいですね!

 

ホームインスペクター:住宅診断における専門家

 

「ホームインスペクター」という住宅に関わる資格も、将来有望で国家資格になる可能性があるでしょう。

一般的には、まだあまり馴染みがない資格かもしれません。

 

しかし、住宅関係の仕事をしている人にとっては知名度が高い資格です。

ホームインスペクターは、ホームインスペクションつまり「住宅診断」を行います。

 

具体的には、中立的な専門家の立場から住宅の評価や欠陥調査などを行うのです。

そのため、非常に信頼度のある資格だと評価されています。

 

このような背景から、ホームインスペクターも今後は国家資格に認定される可能性が高いと言われているのです。

住宅がある限り仕事は無くならないため、不況に強い仕事だという魅力もあります。

 

国家資格になる前に、資格取得をしておくのも良いかもしれませんね!

 

また、どうせ資格を取るなら長く仕事に活かせるものを選びたいものですよね。

メジャーで難易度の高い資格ではなく、マイナーだけど一生食べていけるような資格があれば、ぜひ挑戦してみたいところでしょう。

 

そこで以下の記事では、マイナーだけど一生食べていけるすごい資格を19本ご紹介していきます。

気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本!おすすめはどれ?

 

臨床心理士:心の問題の改善をサポート

 

医療の分野で実際に患者さんと接して働く臨床心理士も、国家資格になる可能性があります。

臨床心理士は、意外にも民間資格なのです。

 

この資格は、内閣府が認可している「日本臨床心理士資格認定協会」が資格を認定しています。

具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか?

 

臨床心理と士は、心理学などの知識を使って患者さんの心の悩みなどに寄り添う仕事です。

一人ひとりにしっかりと向き合い、非常にきめ細やかな対応が求められる専門職ですね。

 

ストレス社会だと言われている現代の日本では、精神的な悩みを抱えている人はたくさんいます。

そのため今後も、需要は減るどころか増えていくだろうと予想できるのです。

 

将来的には国家資格になる可能性はかなり高いでしょう。

そして国家資格となれば、資格取得の難易度もかなり上がると考えられます。

 

臨床心理士の仕事に興味のある方は、まだ民間資格の今のうちにしっかり手にしておくのもおすすめです。

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

国家資格になりそうな資格「賃貸不動産経営管理士」が2021年に昇格!

国家資格になりそうな資格は?不動産の独学で取れる国家資格も紹介

 

これまで国家資格になりそうだと言われていた民間資格が、実際に国家資格になった例があります。

それが「賃貸不動産経営管理士」で、2021年(令和3年)4月から正式に国家資格に認定されました。

 

賃貸不動産経営管理士は、不動産の賃貸業務の管理などに関わる専門的な資格になります。

2021年6月から賃貸住宅の管理業務を行う事業者は、事務所に1人以上賃貸不動産経営管理士を配置する決まりになりました。

 

そのため、賃貸不動産経営管理士の人気が飛躍的に高まっています。

人気が出ているため、今後も資格試験の受験者数はかなり増えていくでしょう。

 

やはり国家資格になると、ワンランク上の資格として認識されるようですね。

さらに法律の改定などにより、賃貸不動産経営管理士はまだまだ需要が見込まれています。

 

今からでも取得すれば、不動産関係における就職や転職に非常に有利になるのは間違いないでしょう。

ちなみに令和3年11月に実施された試験の合格率は約31%となりました。

 

およそ3人に1人が合格できる難易度なので、そこまで難易度は高くありません。

頑張れば、独学での資格取得も十分可能です。

 

ただし、今後は難易度も上昇していく可能性もあります。

とくに、「不動産鑑定士」は貴重で需要が高い国家資格ですが、難易度が高く取得している人は少ないのが現状です。

 

その合格率は、なんと約5.9%。

そこで以下の記事では、不動産鑑定士だけでなく『取得難易度の高い不動産関連の資格』をランキング形式でご紹介しています。

 

不動産鑑定士は難しすぎる?難易度ランキングと合格率を大学別でご紹介!

 

合格率アップの裏ワザ?記憶力がぐんぐん上がる全く新しい脳トレとは?

国家資格になりそうな資格は?不動産の独学で取れる国家資格も紹介

 

ここからは、資格試験合格率アップの裏ワザをお話ししていきます!

資格試験の合格率アップの裏ワザとしてご紹介したいのが、記憶力がぐんぐん上がると噂の新しい脳トレです!

 

なぜ資格取得のために、脳トレで記憶力を付ける必要あるのでしょうか?

実は資格試験に合格するのは想像以上に難しく、専門的な知識を着実に覚える必要があるからなんです。

 

ご覧いただいたように、これから国家資格になりそうな資格は将来的にかなり期待が持てますよね。

興味がある分野なら、今からしっかり勉強して先に資格を取得しておきたいところです。

 

そうすれば国家資格になった時に、いち早くその資格を活かしてスキルアップが可能になります。

転職や再就職にも、かなり有利になるでしょう。

 

効率よく勉強を進めて一発合格をしたいものですが、暗記が苦手な人は合格できるのか少し不安ですよね。

だからこそ、脳トレで脳を鍛えて記憶力を高めていく必要があるのです。

 

しかし脳トレに時間をかけるわけにもいかないため、脳トレならはなんでもいいというわけではありません。

そこで、おすすめする新しい脳トレは「宮地式脳トレ記憶術」といいます。

 

なぜこの脳トレがおすすめできるのかというと、中身が非常にシンプルで年齢制限なども一切ないからです。

1日にスマホで動画を10分動画を見るだけで脳トレができてしまいます。

 

ですから、忙しい人も時間をかけずに記憶力を高められるんです。

他にトレーニングなどは何もなく、動画を見るだけで勝手に脳の記憶力が上がっていきます。

 

さらに「宮地式脳トレ記憶術」はスマホで動画を見るだけなので、年齢や経験に関係なく使えるのも魅力です。

また、スマホとネット環境さえあればどこででもできてしまいます。

 

とはいえ、これだけ便利で都合の良い脳トレだと、少し怪しく感じてしまう人もいるかもしれませんね。

しかしこの脳トレを開発したのは、記憶力で世界新記録も樹立した有名な「宮地真一」という人物です。

 

いわば、記憶力について知り尽くした人物が考案した脳トレと言えます。

そのため、脳トレの効果の高さは非常に信頼できるんです。

 

さらに宮地真一氏は、IQ130以上しか加入できない有名な世界の高IQ組織「メンサ」の日本人会員でもあります。

つまり、メンサが認めた本物の天才が開発した脳トレなんです。

 

そのため、無駄をすべて省いたシンプルな内容になっていて、しっかり脳を鍛えるように考案されています。

しかも脳トレをすると上がるのは記憶力だけではありません。

 

なんとIQまで同時に上げられます。

つまり、毎日脳がレベルアップしていくのを実感できるということですね。

 

実際に「宮地式脳トレ記憶術」で学生やサラリーマンなどが効果を実感しています。

脳トレの効果が成績や実績など数字にも表れ、周囲からの評価も高くなっているんです。

 

もちろん家庭の主婦や高齢者も脳トレを行うことで、毎日の生活が変わっていくのを感じています。

記憶力が良くなると、気持ちも前向きになっていくのです。

 

そのため資格を取りたい人も脳トレを行えば、難しい内容もスムーズに理解できてしっかり頭に入るでしょう。

勉強の効率も上がるので、一発合格できる可能性もかなり高くなります。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

まとめ

国家資格になりそうな資格は?不動産の独学で取れる国家資格も紹介

 

この先国家資格になりそうな資格や、すでに国家資格に認定された不動産分野の資格をご紹介しました。

どの資格もさまざまな魅力がありますよね。

 

国家資格になった時に真っ先に即戦力として活躍できるように、今から準備しておきたいですね。

資格を取っておくと、就職や転職、待遇アップにかなり有利になります。

 

そのため今回ご紹介した人気の資格は、興味がある分野なら計画的に早い段階で取得しておくのがおすすめです。

ただし国家資格になると、難易度も今よりあがります。

 

そしていずれの資格も専門性の高い仕事なので、資格取得に向けた勉強は必須です。

当然、暗記力や記憶力の向上も欠かせません。

 

そこで、スムーズに勉強を進めたいなら、話題の脳トレを使うのが非常に効率的となります。

脳トレを使えば記憶力とIQが向上するので、狙っている資格も最短で取れますよ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。