将来役に立つ資格は?将来性のある資格を女性向けに徹底解説!

将来役に立つ資格は?将来性のある資格を女性向けに徹底解説!

 

「将来役に立つ資格は何があるの?女性向けの将来性のある資格があるなら知りたい!」

 

長く安定して仕事を続けるためには、その仕事に合った将来性のある資格があると有利だといわれています。

しかし、いろいろな資格があるためどれがいいか迷うだけでなく、勉強方法に悩む人も多いのではないでしょうか。

 

  • 大人の女性におすすめの将来性のある資格
  • 高校生がこれから取得するべき一生食べていける女性向けの資格
  • 資格取得をサポートしてくれる脳トレのご紹介

 

など、資格取得についていろいろと知りたいことがあると思います。

そこで、この記事では女性におすすめの資格について、「大人の女性向け」と「高校生」に向けて項目を分けてご紹介していきます。

 

それぞれの資格の特徴や難易度などもまとめていますので、これから資格の取得を考えている人はぜひ参考にしてみてください!

 

将来役に立つ資格は?将来性のある資格を女性向けに紹介!

将来役に立つ資格は?将来性のある資格を女性向けに徹底解説!

 

現在の日本では資格を持っている人が重宝されますよね。

無資格の人に比べると就職や転職でも有利になりますし、希望の仕事に就きやすくなるだけでなく収入にも差がでるでしょう。

 

ここでは、大人の女性向けのおすすめの資格として次の3つをまずご紹介していきます。

 

  • 宅地建物取引士:不動産取引の専門家
  • 行政書士:法務関係の部署に有利
  • 秘書検定:どんな職種でも役立つ事務スキル

 

それぞれの資格について、取得のメリットを詳しく見ていきましょう!

宅地建物取引士:不動産取引の専門家

 

大人の女性がこれから狙うべきおすすめの資格は、まず「宅地建物取引士」です。

この資格は略して「宅建」と呼ばれることも多いですね。

 

宅建とは、不動産の土地や家屋の売買に関する法律的な仕事を行う「国家資格の専門家」です。

主に不動産会社では必須となる仕事であり、全国において需要の高さが見込まれます。

 

また不動産業界は、不況になっても仕事が完全になくなってしまう恐れがありません。

そのため、将来的に安定して稼ぎたい女性にはとてもおすすめの仕事と言えるでしょう。

 

ちなみに宅建の試験の合格率は約15%~17%と言われています。

最難関の資格試験とされる司法書士などの合格率は約4%なので、それと比較すると狙いやすい資格です。

 

不動産業界で働きたいなら宅建の資格があると絶対的に有利になりますので、早めに取得しておきたいですね!

 

行政書士:法務関係の部署に有利

 

行政書士も女性に人気の資格の1つです。

行政書士は、官公庁へ提出する法的な書類を作る専門家であり、こちらも国家資格になります。

 

行政書士はいろんな職場で需要があるのが特徴ですが、主に市役所や企業の法務関係の部署への就職や転職に有利な資格です。

世間的に見ても行政書士と言えば信頼性が高く、資格を持っているだけで一目置かれるほどの知名度があります。

 

この資格さえ取得していれば一生食べていくのに困らないですし、1人で自立して生活していくことも可能でしょう。

経験を積めば独立も可能になりますよ。

 

また行政書士は合格率が11%前後となっています。

しっかり対策して勉強すれば、普通の主婦や会社員の女性でも取得するのは夢ではありません。

 

難しい国家資格は取得するのにかなりの努力が必要ですが、それだけ待遇や資格手当が良くなるため努力する価値は十分あります。

特に法律関係の仕事をしたい場合は、行政書士は登竜門とも言える資格です。

 

興味がある方は、まずは行政書士からぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

秘書検定:どんな職種でも役立つ事務スキル

 

秘書検定とはその名の通り、秘書に関する知識や技能を認定する資格です。

この資格は国家資格ではなく、公益財団法人の「実務技能検定協会」が管理する公的資格になります。

 

国家資格ではありませんが、秘書検定は誰もが知る知名度の高い資格ですね。

資格の内容は、ビジネスマナーや秘書に関する事務能力などが必須となっています。

 

また秘書検定は3級、2級、準1級、1級の4種類あり、1級になるとかなり高度な専門的知識が求められます。

1級は試験の内容も選択式ではなく、記述形式となるため難易度は相当レベルが高いのです。

 

近年の秘書検定の合格率は3級が約70%、2級は約60%、準1級になると合格率はぐっと下がって35%前後になります。

さらに、1級では合格率は30%を下回るのです。

 

3級は難易度も低いですが、就職に活かしたいなら2級以上の取得が望ましいと言われていますね。

しかし、いきなり2級以上を受けるのは不合格になる確率も高くなるため効率があまりよくありません。

 

まずは3級から順番に受けて、基礎知識を積み重ねて順番に1級を目指すのが理想的でしょう。

 

女が食べていける資格は?将来役に立つ資格を高校生向けに紹介!

将来役に立つ資格は?将来性のある資格を女性向けに徹底解説!

 

続いては、これから将来の仕事を決めていく高校生の女の子に向けたおすすめの資格です。

チャンスがあれば、幅広い分野で役に立つ次のような資格取得を検討してみてください。

 

  • MOS:汎用性のあるPCスキル
  • 日商簿記検定:経理への転職に有利
  • TOEIC:グローバル企業への転職に有利

 

まだ就職先などが決まっていない場合は、1つの専門的な知識や技術に特化した資格よりも、柔軟に使える資格が役に立ちます。

「これさえあれば転職も有利!」「進学にも役立つ!」という使える3つの資格について詳しく見ていきましょう!

 

MOS:汎用性のあるPCスキル

 

MOSとは「Microsoft Office Specialist(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)」の資格の略です。

これはマイクロソフト社が認定する民間資格になります。

 

MOSはマイクロソフト社が提供しているExcelやwordなどの知識や技術の高さをアピールできる資格です。

そのため、事務職への就職や転職で非常に有利になります。

 

将来的には、事務で働きたいと考えているなら取得しておいて損はないでしょう。

事務仕事はもちろん、その他の仕事でも日常生活でも役立つので、マスターしておけばさまざまな面で有利になるはずです。

 

現在MOSはExcel、word、PowerPoint、Access、Outlookの5つの項目の資格を設けています。

そしてそのそれぞれに一般レベルの「スペシャリスト」と上級レベルの「エキスパート」という資格があります。

 

基本的には独学で参考書などを使って勉強すれば取得できる難易度だと言われていますので、高校生でも取得は十分可能です。

MOSは、就職はもちろん進学を考えている人にとっても、大変勉強になりますし役に立つ資格でもあります。

 

そのため、早い段階でMOSの資格を取得しておくと、大学生活でPCを使った作業を行う時にも役に立ちますよ。

レポート作成や論文作成などもかなり楽になるはずです。

 

日商簿記検定:経理への転職に有利

 

日商簿記検定は通称「簿記」と呼ばれている資格ですね。

簿記は高校生が取得しやすい資格として有名ですので、取得をおすすめします。

 

簿記検定は、日本商工会議所および各地商工会議所が管理している公的資格です。

管理している団体によって少し名称は変わりますが、いずれも資格の内容はそれほど変わりません。

 

複数ある簿記検定の中でも日本商工会議所が管理している「日商簿記検定」は特にメジャーな資格の1つとされています。

ただし知名度の高さから国家資格と勘違いしている人も多いのですが、実は公的資格であり国家資格ではありません。

 

この資格は、総合的な事務に関する処理能力を認定する資格になります。

たとえば経理の帳簿の管理や企業の資産の管理など、主にお金に関する業務を行う際に役に立つ資格です。

 

どんな企業であっても、お金の管理や計算は必要ですよね。

日商簿記検定さえ取得していれば、さまざまな企業の事務職への就職や転職で有利になるでしょう。

 

日商簿記検定は、難易度別に簿記初級、3級、2級、1級とレベルが分かれています。

高校生はまず簿記初級から基礎を学び、できれば3級は取得しておきたいですね。

 

2級以上は難易度が上がりますので、実際に就職して実務経験を重ねながら勉強を続けていくのも良いでしょう。

1級を取得するのは非常に困難ですが、事務職のプロとして働きたいならぜひチャレンジしてみてください。

 

取得できれば、簿記のエキスパートとして活躍できますよ!

 

TOEIC:グローバル企業への転職に有利

 

近年、高校生にも非常に人気が高まっている資格の1つにTOEIC(トーイック)という資格があります。

「TOEIC」は、英語のスキルの高さをアピールできる資格です。

 

こちらはアメリカの教育試験サービスなどが認定している民間資格ですね。

民間資格とはいっても、現在の日本では知らない人はいないほどのメジャーな資格です。

 

高得点を取得しておくと、グローバル企業への就職や転職で絶対に有利だと言われています。

TOEICは一般企業では役600点が目安だと言われていますが、海外勤務なども視野に入れた外資系企業では最低700点以上は必要です。

 

さらに800点以上取得できれば、面接でも高い英語力を身に付けていることをアピールできます。

そして900点以上取得できればネイティブに近い感覚でビジネス英語を自由に使いこなせるレベルだと言われています。

 

もっとも、ここまで取得するのは高校生ではなかなか難しいかもしれません.

しかし、900点あればどんな外資系企業でも十分即戦力として活躍できるでしょう。

 

これからの国際社会に向けて、英語力を身に付けておくことは非常に大切です。

ぜひ、最終的には900点取得を目指してみてください。

 

英語ができると、海外からの情報も得やすく視野も広がるのがメリットです。

他の資格を取得しようと考えている人も、学校の勉強などと並行してぜひTOEICの資格も取得してみてください。

 

資格試験の合格をサポート!記憶力がぐんぐん上がる魔法の脳トレとは?

将来役に立つ資格は?将来性のある資格を女性向けに徹底解説!

 

やはり安定感のある資格は、「少し難易度が高そうだな」「勉強が大変」と感じた人も多いのではないでしょうか。

資格取得にはしっかりした勉強が必要ですが、「脳トレ」を行うとかなり効率的に進めていくことができます。

 

ここではIQや記憶力が向上する話題の脳トレについて、お話ししていきます。

 

  • おすすめの脳トレは「宮地式脳トレ記憶術」
  • 開発者は高IQの世界的組織メンサの日本人会員
  • スマホで10分動画を見るだけなので教材不要
  • 年齢性別関係なく使えるから高校生もOK
  • IQや記憶力が効率よく向上、理解力もアップ

 

資格の取得には、資格の予備校や在宅講座を受講する方法や独学で学ぶ方法があります。

どのような勉強方法を選ぶにしても、記憶力と理解力は欠かせません。

 

そこで、基礎的な記憶力を高めるために、話題の脳トレを使ってみることをおすすめします。

今ネットやメディアで大注目されている脳トレは、「宮地式脳トレ記憶術」です。

 

「宮地式脳トレ記憶術」を開発したのは、宮地真一氏。

宮地氏は、高IQの人が集まる組織「メンサ」の日本人会員で。記憶力でギネス新記録も保有している人物です。

 

そしてこの脳トレは1日にスマホで10分間の動画を見るだけで、記憶力とIQが向上するため話題になっています。

仕事や家事、育児、学校の勉強をしながら資格取得を目指したいなら、効率的な勉強をすることが重要ですよね。

 

この脳トレなら年齢や職業などに関係なく誰でも効果がありますので、高校生でも問題なく使えるのが特徴です。

実際、小学生の子どもから高齢の方まで実際に使用して、IQと記憶力の向上効果を実感しています。

 

記憶力とIQが上がれば、資格取得に必ず役に立つのは間違いありません。

それぞれ専門的な資格を取得するためには、記憶力や理解力を必要とするため、かなりの勉強時間が必要です。

 

しかし脳トレを習慣化すれば、膨大な暗記する内容も驚くほど簡単に記憶することができるでしょう。

IQが向上して理解力も深まるので、難関な問題を解く時間も短縮されます。

 

高校生なら、定期テストや受験対策にも役立つでしょう。

限られた時間を有効活用して最短で資格を取得したい人は、ぜひ一度話題の脳トレを試してみてくださいね。

 

まとめ

将来役に立つ資格は?将来性のある資格を女性向けに徹底解説!

 

女性にとって将来性のある資格は、国家資格以外に公的資格などいろいろありますね。

また民間資格の中にも高く評価される資格もありますので、自分に合ったものを探すことが重要です。

 

今回ご紹介した女性におすすめの資格は次の6つになります。

 

  • 不動産取引の専門家である宅地建物取引士
  • 法務関係の部署に有利な行政書士
  • 事務スキルのエキスパートの秘書検定
  • 汎用性のあるPCスキルのMOS
  • 転職に有利な日商簿記検定
  • グローバル企業で活躍したいならTOEIC

 

これらの資格を最短で取得したい人は、話題の脳トレを使って記憶力を高めて勉強するのが非常におすすめです。

効率的な勉強を実践して、将来性があって長く使える資格を確実に手に入れましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。