産業カウンセラーの資格は役に立たない?きつい割りに今後の需要がない?

産業カウンセラーの資格は役に立たない?きつい割りに今後の需要がない?

 

「産業カウンセラーの資格は役に立たないの?仕事がきつい割りに今後の需要がないって本当?」

 

産業カウンセラーは、従業員などの悩みや相談に寄り添いながら心理的な知識と手法を使ってサポートを行います。

素晴らしい仕事なのですが、産業カウンセラーの資格は役に立たないという情報も流れています。

 

  • 産業カウンセラーの資格は役に立たないって本当なの?
  • 産業カウンセラーって仕事がきついのに今後の需要がないの?
  • でも資格を取りたいし、勉強方法も知りたい!

 

など、産業カウンセラーの資格について、いろいろと知りたいのではないでしょうか?

ということで今回は、本当に産業カウンセラーの資格は役に立たないのか調べてみました。

 

産業カウンセラーは、働く人にとっては悩み相談所のような心の拠り所のようなものです。

そのため、非常にやりがいを感じる仕事だと言われています。

 

職場は比較的大きな企業の専門部署に配置されて、働くケースが多いようです。

このように人の役に立つ資格なのになぜ、産業カウンセラーの資格は役に立たないなどの噂があるのでしょうか。

 

それだけでなくカウンセラーの仕事として、今後の発展も需要も望めないとも言われているのす。

もしこの噂が本当なら、新たに資格を取得するのは少し躊躇してしまいますよね。

 

今から資格を取っても役に立つのか、就職はできるのかなどをしっかり確認していきましょう。

資格取得のための効率的な勉強方法もお話ししていくので、ぜひ参考にしてみてください!

 

産業カウンセラーの資格は役に立たない?きつい割りに今後の需要ナシ?

産業カウンセラーの資格は役に立たない?きつい割りに今後の需要がない?

 

一般的にカウンセラーの仕事は、すべて非常に繊細でデリケートな仕事だといえるでしょう。

特に産業カウンセラーは、仕事で悩む人の相談に乗りアドバイスをすることがメイン業務です。

 

ストレス対策などメンタルヘルス対策のほかに相談者の、キャリアに関する悩みや支援なども行います。

職場の人間関係や働く環境の改善などの支援なども、産業カウンセラーの仕事です。

 

つまり、場合によってはその人の人生まで影響を与えてしまう可能性もあるわけですね。

そのため、決して毎日楽しく仕事ができるわけではありません。

 

どちらかと言えば、相談者の悩みに寄り添っているうちに共感してネガティブな気持ちになってしまうことも多いでしょう。

それゆえに産業カウンセラーの仕事は、精神的にかなりきつい仕事だとも言われています。

 

さらに詳しく資格について見ていきましょう!

 

そもそも産業カウンセラーとは?

 

産業カウンセラーは、仕事で悩む人にとって辛い時に救いの手を差し伸べてくれる心強い存在として頼りにされています。

しかしその相談内容は、仕事に関する悩みだけでなく職場の人間関係、労働環境お金の話など多岐にわたります。

 

先ほど説明したとおり、キャリア形成についての悩みを聞いてアドバイスする場合もあるのです。

当然ですが一人ひとりのすべての悩みに、的確なアドバイスをしていくのは非常に難しいですよね。

 

そのため、産業カウンセラーになるには相応の勉強が必要です。

相談者をいい方向に導いていくのですから、豊富な知識と高度なカウンセリング術が望まれます。

 

また資格を取得するためには、産業カウンセラー養成講座を修了するか、大学院で心理学系を専攻して単位を取ります。

そのため、社会人が働きながら資格を取得するのはかなりハードルが高いのが現状です。

 

産業カウンセラーの求人は思ったより少ない

 

また産業カウンセラーの資格は取得するのが難しい割に、求人の数は多くありません。

なぜなら従業員の数が多い企業であっても、カウンセリングを受ける人の数は限られているためです。

 

もしかしたら誰も相談に来ない日が続く可能性もありますよね。

そのため、ひとつの企業内ではそれほど多くの産業カウンセラーは必要ではありません。

 

それゆえ、努力して資格を取ったとしても、実際にカウンセラーとして働ける保証はないのです。

せっかく取得した資格を活かすことができない可能性も高く、この点が大きなデメリットになってしまっています。

 

年収は330〜350万円で、一般社員と同じくらい

 

さらに運よく産業カウンセラーとして就職できたとしても、年収が非常に高いわけではありません。

民間企業で働く産業カウンセラーの平均年収は330~350万円ほどと言われています。

 

この額は、一般的な会社員と同じくらいの年収金額になります。

資格取得の難しさと、精神的にきつい仕事内容の割に年収も高くないのはかなりのマイナス要素です。

 

これも意外な実態ですよね。

もし「どうしても産業カウンセラーになりたい」「働く人の助けになりたい」という強い信念があるなら別です。

 

でも、そうでなければあまり魅力的な資格とは言えないかもしれません。

 

産業カウンセラーの国家資格化が剥奪!求人や仕事ないって本当?

産業カウンセラーの資格は役に立たない?きつい割りに今後の需要がない?

 

ここまで産業カウンセラーの仕事内容や求人の少なさ、年収の低さなどをご紹介してきました。

ここからは、さらに深刻なその実態について見ていくことにしましょう!

 

産業カウンセラーは現在、民間資格に格下げ

 

もともと産業カウンセラーは、1992年から2001年まで旧労働省が認定していた資格でした。

そのため、国家資格ではないものの産業カウンセラーは公的な意味合いの強い資格だったのです。

 

しかし現在は、その認定も外れています。

今は日本産業カウンセラー紹介が管理するだけの、完全な1つの民間資格となってしまいました。

 

この結果、資格を持っていても職場などで特に優遇されることも少なくなってしまったのです。

残念ながら、資格のメリットがほとんどない状態になっています。

 

正社員が少なく、人材派遣業者での求人がほとんど

 

また、先ほどもご紹介したように産業カウンセラーの需要は大変少ない状態です。

当然、正社員での求人もとても少なくなっています。

 

仮に運よく求人を見つけたとしても、おそらくほとんどが人材派遣業者からの契約社員などでしょう。

ご存知のとおり、正社員と契約社員では年収や福利厚生で大きな違いがあります。

 

不安定な契約社員では、将来の人生設計を描くことも難しいのが現状です。

一時的に契約社員として働くのもありですが、長期的に見れば正社員になるほうが何かと安心ですよね。

 

若い年代の人はもちろん中高年が第2の人生として産業カウンセラーを目指すのも、はっきり言ってあまりおすすめできません。

 

日本にカウンセリングを受ける習慣が浸透していない

 

大変重要な仕事なのに、なぜ産業カウンセラーの需要が少ないのでしょうか。

実は、日本にカウンセリングを受ける習慣が浸透していないことも一因だと言われています。

 

例えばアメリカなど海外では、仕事の悩みに関わらず日常的にカウンセリングを受けるのが習慣化しています。

日本の会社に産業カウンセラーがいたとしても、自分が社員だったらなかなか相談には行けないのではないでしょうか?

 

このように、日本と海外の習慣の違いがカウンセラーの求人の少なさにも関係しているようです。

実際に国内で活躍している産業カウンセラーは、ほんの一握りの成功者に過ぎません。

 

資格を取得しても、精神科医のように独立起業することはまず不可能だと考えた方がいいでしょう。

しかし産業カウンセラーの資格だけで正社員や独立起業は難しいのですが、資格がまったく意味がないわけではありません。

 

総務や人事で働くなら、産業カウンセラーの資格を持っていることでメリットもあります。

特に部下や社員とのコミュニケーションを取る時にも心理学的な知識は役に立つでしょう。

 

勉強してムダになるようなことはありません。

興味がある分野なら、チャレンジしてみるのもおすすめです!

 

どんな資格もコレで合格?記憶力がぐんぐん上がる魔法の脳トレとは?

産業カウンセラーの資格は役に立たない?きつい割りに今後の需要がない?

 

産業カウンセラーの資格は、どうやら今後の発展は望めそうにないのが実態ですね。

もしこれから何か新しい資格にチャレンジするなら、別の資格を狙う方が良いかもしれません。

 

ただし、どんな資格を狙う場合でも効率的な勉強は必須です。

忙しい社会人や主婦の場合は、時間も無駄にできませんよね。

 

しかし大人になってから新たに勉強して内容を理解する、覚えるなどに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

記憶力の衰えを感じている方もいると思います。

 

そんな人におすすめなのが、今話題の新しい脳トレ「宮地式脳トレ記憶術」です!

この脳トレは、難しいトレーニングは一切無しで記憶力とIQが上がるというすごい脳トレとして注目されています。

 

やることはスマホで1日に10分間の動画を見るだけで、後は何もする必要はありません。

本当に、それだけで記憶力とIQが勝手にぐんぐん上がっていくのです。

 

ここまでシンプルな内容の脳トレは珍しいですよね。

また動画を見るだけなので、年齢や経験も一切関係なく誰でも使えるところもポイントです。

 

これなら、親子で一緒に楽しく脳トレすることもできます。

さらに脳トレで記憶力やIQが高まれば、日常生活における物忘れなども改善し、論理的な思考が身につきます。

 

そうなれば勉強も仕事も家事もすべて効率的になり、生活の質まで向上していくでしょう。

人の顔や名前もすぐ覚えられますし、会話も弾むようになるので人付き合いも上手くいくようになるのです。

 

このように「宮地式脳トレ記憶術」は資格試験の勉強に役立つだけでなく、他にも様々なメリットを与えてくれます。

新しい資格を得るためには勉強は絶対に必要です。

 

その勉強を少しでもラクに楽しくするために、ぜひ話題の脳トレを試してみてはいかがでしょうか!

 

まとめ

産業カウンセラーの資格は役に立たない?きつい割りに今後の需要がない?

 

今回は、産業カウンセラーの資格の実態についてご紹介しました。

世間の評判どおり、産業カウンセラーの資格はやりがいがあるものの就職や高収入には結びつかないことが分かりましたね。

 

結論としては就職や転職に何か資格を活かしたいなら、産業カウンセラーの資格だけでは不十分です。

安定と収入を求めるなら、まずは他の手堅い資格を優先した方が良いでしょう。

 

そしてその後に余裕があれば、それを補う形で産業カウンセラーの取得を考えてみるのが良さそうです。

もちろん、勉強したことは決して無駄にはなりません。

 

いずれの資格を狙う場合も、脳トレで記憶力やIQを高めて勉強すると非常に効果的に勉強することができます。

試験の一発合格を目指したい方は、ぜひ毎日の習慣に脳トレを取り入れてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。