メンサ会員のIQはどれくらい?合格率は?IQを上げる方法は?

メンサ会員のIQはどれくらい?合格率は?IQを上げる方法は?

 

「メンサ会員のIQはどれくらいあるんだろう?テストの合格率やIQを上げる方法が知りたい」

 

「MENSA(メンサ)」は、イギリスで創設された高いIQの会員だけで構成された国際グループです。

会員の人はどのくらいの高IQなのか、入るにはどんなテストがあるのかなど気になりますよね。

 

  • メンサの会員になるために必要なIQの高さ
  • 入会試験の合格率や問題の内容など
  • 実際にメンサの会員はどれぐらい優秀なのか
  • メンサに入れるほどIQを上げるおすすめの方法

 

など、IQや脳トレに興味のある人はメンサについていろいろと知りたいのではないでしょうか。

今回は、メンサの会員になるにはいったいどれぐらいのIQが必要なのか、テストの合格率などについて調べてみました。

 

この記事で、メンサに入会するために必要なIQやIQを上げる方法などを情報収集してみてください!

 

メンサ会員のIQはどれくらいなの?合格率や試験問題は見られる?

メンサ会員のIQはどれくらい?合格率は?IQを上げる方法は?

 

基本的にメンサの会員になるには国籍、年齢、職業などの決まりは一切ありませんが「高IQ」が条件です。

メンサは名前こそ世界的に有名ですが、その活動内容や入会資格など知らない人も多くいるので次のことを調べてみました。

 

  • メンサのIQはどれくらい?試験の合格率は?試験問題は見られる?
  • IQ130の特徴は?記憶力がいい?IQと偏差値の高さは比例する?

 

先ほどもお伝えした通り、メンサの規定になっている一定のIQさえあれば誰でも入会することができます。

まず最初に誰もが気になっているメンサの会員のIQなどについて確認していきましょう!

 

メンサのIQはどれくらい?試験の合格率は?試験問題は見られる?

 

メンサでは現在、入会するために必要なIQを数字ではっきりとは提示していません。

公開されている入会条件は、「全世界の人口の上位2%に含まれる高IQの人」となっています。

 

これだけでも、相当優秀な人でなければ入会はできないことが分かりますね。

ちなみに全人口の上位2%に含まれる高IQとは、およそIQ130以上になります。

 

100人いれば約2人がこのケースに当てはまる計算です。

日本人の成人男女の平均的なIQは100~105という調査結果があります。

 

つまり、IQ 130はそれをはるかに超えるかなり高い優秀な頭脳と言えるでしょう。

海外ではまだ幼い子供でメンサの会員になっている人もいますし、いろんな人が自由に知的な交流を楽しんでいるようです。

 

世界中の高IQの人と交流できると思うと、メンサに入会したくなる人もいるのではないでしょうか。

メンサに入会したい場合は、自分で試験を申し込んでテストを受けることになります。

 

正確な合格率は公表されていませんが、テストの合格率は約60%程度と言われているようです。

60%と聞くと「意外と受かるものなの?」という印象ですよね。

 

でも、そもそも合格するぐらい優秀な人しか本番のテストを受けることはありません。

ある意味、難しいテストや試験ほど合格率が高くなるのは自然なことです。

 

しかし自信がある人が受けているにも関わらず合格率が60%ということは、テストは非常に難しいということになりますね。

しかも、メンサでは会員になるための入会の試験問題は公開していません。

 

また、実際にテストを受けた人も、試験問題を口外することは固く禁止しています。

メンサの会員が試験問題をネット上などで公開すると、会員資格を剥奪されるという話もあるんです。

 

ですから、ネット上でどんなに探しても本当にどこにも公開されていません。

全く漏れないという点からも、メンサ会員の優秀さが伝わります。

 

このような背景もあり、メンサはいまだにミステリアスな部分が多い組織だと言われているのですね。

 

IQ130の特徴は?記憶力がいい?IQと偏差値の高さは比例する?

 

メンサの入会テストは非常に難しいと言われています。

入会テストではメンサのオリジナルの問題により、全人口の上位2%の高IQに含まれているかをチェックしているそうです。

 

その上で合否を判断しています。

そのIQの目安はおよそ130ですが、IQ130とはどれぐらい優秀なのか気になりますよね。

 

一般的にIQ130は飛び抜けて優秀な頭脳の持ち主です。

海外では「神様から与えられた贈り物」という意味で「ギフテッド」と呼ばれています。

 

「ギフテッド」は最近は日本でも耳にするようになっていますよね。

実際にIQが130以上もあると記憶力が非常に良く、物事を理解する能力も高いのです。

 

ところで「頭がいい」と呼ばれる人、つまり学校の勉強では常に上位の成績を取る人は高偏差値ですよね。

しかし、実はIQと偏差値は全くの別のものであることを知っていますか?

 

IQと偏差値を簡単に説明すると、IQは脳の本来の処理能力を数値化したものです。

一方、偏差値は学校の勉強などで後天的に得た知識や経験を数値化したものになります。

 

つまり学校の勉強とは関係がないIQは、幼児でも飛び抜けて高い子供も存在しているということになるのです。

実際にメンサには幼児で会員になった子供がいることも有名ですよね。

 

IQと偏差値はどちらも頭脳の優秀さを表す数値ですが、偏差値が高いからと言ってIQも高いとは限りません。

学校の勉強ができる人でも、メンサの会員になれるほどIQが高い人は少ないのが現実です。

 

また逆に、学校の一部の勉強は苦手でもIQが高い人もいます。

IQが高い人は何でも先を読んで論理的に考えてしまうため、集団生活に馴染めずに苦労する人もいるようです。

 

そのため高IQだからといって必ずしも現状に満足して幸せを感じているわけではありません。

優秀な頭脳を持つ人は、優秀すぎるがゆえに孤独を感じやすいともいえるでしょう。

 

メンサの主な活動目的は、高IQの会員同士による知的な交流だと言われています。

そのため、高IQの人たちにとって、メンサは貴重な自己表現の居場所にもなっているのかもしれません。

 

メンサにはIQどれくらいで入れる?IQを上げる方法や対策方法とは?

メンサ会員のIQはどれくらい?合格率は?IQを上げる方法は?

 

IQ130は日本人の成人男女のIQをはるかに上回るほどの優秀な頭脳が必要です。

どうやってIQを測るのか、さらにIQを上げるにはどうすればいいのかについて次のポイントをお話ししていきます。

 

  • メンサに入れるiqは130?自分のIQがどれくらいか測る方法は?
  • メンサ会員のiqに近づく方法は?IQを上げるには脳トレがいい?

 

以上2点について、詳しく見ていきましょう!

 

メンサに入れるiqは130?自分のIQがどれくらいか測る方法は?

 

メンサは、普通の人がどれだけお金を積んでも入会することはできません。

会員になるためには決められた一定のIQの高さが必要ですし、会員になれるのは一種のステータスだと考えられています。

 

メンサに入れる目安のIQは、先ほどもお伝えしたとおり130ほどです。

IQ130以上の人は世界の人口の上位たった2%しかいないといわれています。

 

100人いれば2人がIQ130以上ということになりますが、普通に生活をしていると出会える可能性は少ないですよね。

そもそも日本人は自分の偏差値は知っていても、IQは知らないという人も少なくありません。

 

高IQの人でも場合によってはそのことに気付いていない人もいるかもしれないのです。

メンサに加入したいなと考えている人は、まずは自分のIQがどれぐらいあるのか知る必要があるでしょう。

 

IQはネットで無料で使えるIQテストを実施すると簡単に知ることができます。

たとえばIQテストができるサイトは、次のようなものが有名です。

 

IQテストは図形などを使ったものがたくさんありますが、瞬間的なひらめきで解いていくものが多いですね。

 

 

これらのサイトでIQテストを試し、もし複数のサイトで結果がIQ130以上と出たらメンサに入れる可能性があります。

あなたも世界の人口の上位2%に含まれるすごいIQの持ち主かもしれません。

 

メンサの入会テストを受けてみる1つの判断基準になりますので、興味のある方はぜひ試してみてください。

 

メンサ会員のiqに近づく方法は?IQを上げるには脳トレがいい?

 

とはいえ、IQテストをしても、おそらくほとんどの人は130もない場合が多いでしょう。

残念ながら、IQが130以下の人は基本的にメンサに入会することは難しいと言われています。

 

しかしIQは大人になってからでもトレーニング次第で上げていくことができるのをご存知でしょうか。

たとえばIQを上げる方法には次のような方法があります。

 

  • いろんなジャンルの本をたくさん読む
  • 瞑想する
  • 適度な運動やスポーツをする
  • 脳トレを行う

 

読書がIQを高めることは有名ですね。

瞑想なども集中力を高める効果がありますし、適度な運動やスポーツも脳を活性化することができます。

 

幼い子供の頃から高いIQの人も存在するのはたしかです。

しかし、このようなトレーニングでIQを少しずつ上げていくことは実際に可能だと言われていますね。

 

しかもこれらの習慣はIQを高める以外に精神安定、ストレス解消、肥満防止、体力増強などさまざまな良い影響もあります。

最近はIQと記憶力を短期間でグングン上げる効果がある脳トレも話題です。

 

脳トレは認知症予防やボケ防止で高齢者が使っているイメージがあるかもしれません。

しかし実際は高齢者はもちろんのこと、子供から現役の受験生までいろんな世代で使われています。

 

メンサ会員が開発した「脳トレ」とは?効果や値段は?申込方法は?

メンサ会員のIQはどれくらい?合格率は?IQを上げる方法は?

 

脳トレがIQを上げるのに効果的だとご紹介しましたが、最近特に話題になっている脳トレには、次のような特徴があります。

 

  • メンサの日本人会員が開発した脳トレ「宮地式脳トレ記憶術」
  • 1日たった10分間動画を見るだけでIQが上がる
  • 幼児から高齢者まで誰でも使える

 

「宮地式脳トレ記憶術」を開発したのは、記憶力で世界ギネス記録も達成した宮地真一氏です。

宮地真一氏は、メンサの日本人会員としても有名で、テレビなどマスコミにも多数出演しています。

 

数ある脳トレの中でもなぜ「宮地式脳トレ記憶術」が人気なのか、その理由は内容が非常にシンプルでお手軽な点です。

「宮地式脳トレ記憶術」、は1日にわずか10分間の動画を見るだけで脳トレができてしまいます。

 

しかも、幼児から高齢者まで誰でも使えるように考案されているのが特徴です。

この講座では、計算問題などの面倒なトレーニングや筆記用具の用意などは一切必要ありません。

 

隙間時間に動画を見るだけで、IQと記憶力を短期間で上げることができます。

これなら仕事や家事、子育て、介護などで忙しい人も気軽にチャレンジできますよね!

 

また、公式サイトに寄せられた投稿などを見ると、実際に脳トレを使って現役で最難関大学に合格した学生がいます。

さらに、難しい資格試験に短期間で合格した会社員もいるようです。

 

なかには、加齢による人名忘れや物忘れに悩まされていた主婦が、脳トレを使ったことで改善したという投稿もありました。

このようなたくさんの体験談からも分かるように、実際に効果や信頼性が高いのです。

 

「宮地式脳トレ記憶術」は、他のよくある繰り返しトレーニングを行う脳トレ講座に比べても確実だといえます。

手間もかからないので、忙しい人でもできる点も魅力です。

 

今からメンサの会員を目指して本気でIQを上げたいなら、話題の脳トレを試してみてはいかがでしょうか。

読書や瞑想、スポーツと一緒に取り組めばきっと確かな手応えを実感できるはずですよ!

 

まとめ

メンサ会員のIQはどれくらい?合格率は?IQを上げる方法は?

 

世界的に有名な高IQ集団の組織「MENSA(メンサ)」について、またIQをあげる方法についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容のポイントをまとめると次の通りです。

 

  • メンサに入会するには全人口の上位2%に含まれる高IQが必要
  • メンサの入会にはおよそIQ130以上が必要だと言われている
  • メンサの入会テストの内容は公開されていない
  • メンサに入会するためにIQを上げたいなら話題の脳トレを活用するのもおすすめ!

 

メンサに入会するにはIQ130以上の優秀な頭脳が必要です。

しかし、脳トレなどを使えば今からIQ130以上になるのも決して不可能ではありません。

 

確かな実績のある脳トレを使って効率的にIQを上げ、ぜひ憧れのメンサの会員を目指してみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。