日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人に有利になる?

日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人に有利になる?

 

「日本語教育能力検定試験は役に立たないの?日本語を教えてたいんだけど就職や求人に有利になるのかな?」

 

日本語が得意な方の中には「日本語教育能力検定試験」に興味がある方も多いと思います。

しかし、日本語教育能力検定試験は役に立たないと聞いて、受験をためらっている方もいるのではないでしょうか?

 

  • 日本語教育能力検定試験は役に立たない?
  • 日本語教育能力検定試験は就職や求人に有利になる?
  • 日本語教育能力検定試験は難しそうだけど、勉強方法を知っておきたい

 

など、日本語教育能力検定試験を受けるのなら、あらかじめいろいろ情報を集めておきたいですよね。

そこで今回は日本語教育能力検定試験は役に立たないのか、真相を詳しく調べてみました。

 

ここで、まずは日本語教育能力検定試験について確認してみましょう。

日本語教育能力検定試験は、主に外国人に日本語を教える日本語教師などの仕事に就くことができる資格です。

 

「日本語」とあるので、何となく日本人なら誰でも合格できそうなイメージですよね?

ところが日本語教育能力検定試験は、日本語が使えるからといって誰でも取得できるほど易しいものではありません。

 

なぜなら試験の内容は、日本語に関する教育現場で対応できるだけの能力をテストされるからです。

なんと試験の合格率はおよそ25%前後だと言われています。

 

しっかり試験対策をしなければ一発合格はほぼ不可能でしょう。

こんなに難しい試験なのに、本当に就職や求人には有利にならないのかもお話ししていきます。

 

また、試験を受けるなら試験対策も必要です。

効率的な勉強方法もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

さらに2022年度の日本語教育能力検定試験の日程や試験範囲なども詳しくご紹介していきます!

 

日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人への影響を紹介!

引用:http://www.jees.or.jp/jltct/faq/faq01.htm

日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人に有利になる?

 

結論からお伝えすると、日本語教育能力検定試験は役に立たないということはありません。

では、日本語教育能力検定試験の資格を取ると何の意味があるのか、という点から詳しくみていきましょう。

 

日本語教育能力検定試験は、日本語の教員としての知識がしっかり備わっていることを証明できる資格です。

しかし実は外国人などに日本語を教える日本語教師には国家資格などはありません。

 

簡単に言うと資格が無くても日本語教師になれるのです。

そのため、世間では「日本語教育能力検定試験」」で資格を取っても役に立たないと言う人がいたのですね。

 

実際には日本語学校などの求人では、この資格の有無が採用条件に入っているところも多いのです。

日本語教師になりたいなら必ず取っておくべき資格の1つと言えるでしょう。

 

日本語教育能力検定試験は難しい?独学では受からないのか?

日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人に有利になる?

 

では次に日本語教育能力検定試験の難易度に付いてチェックしていきましょう。

冒頭でもお話ししましたが、日本語教育能力検定試験は難しいのでしっかりした勉強が必要です。

 

ここからは試験の勉強法などについてお話ししていきます!

 

引用:https://www.akamonkai.ac.jp/yousei/JLTCT/kentei.html#:~:text=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E6%95%99%E8%82%B2%E8%83%BD%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E5%AE%9A%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%AE%E5%90%88%E6%A0%BC%E7%8E%87%E3%81%A8%E9%9B%A3%E6%98%93%E5%BA%A6,-%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E&text=%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%AB%E4%BB%A4%E5%92%8C%E5%85%83%E5%B9%B4%E5%BA%A6,%E3%81%AA%E3%81%84%E6%A4%9C%E5%AE%9A%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%80%82

 

試験情報その1:合格率について

 

まず試験の合格率についてはおよそ25%前後となっています。

単純計算で4人に1人は合格する確率なので最難関とは言えませんが、受ければ絶対に受かるというほど簡単ではありません。

 

ちなみに試験の受験者の年代は50代や60代が最も多いです。

そして少し差があり20代が続きます。

 

意外と中高齢の人が多いのが驚きですね。

また受験者の職業は学校教員、日本語教員、会社員、主婦、退職者などさまざまです。

 

仕事で必要になって資格を取る人もいますし、自己啓発や自分自身の知識の確認が目的の人もいます。

 

試験情報その2:試験範囲について

 

次に試験の試験範囲について見ていきましょう。

実は日本語教育能力検定試験の試験範囲は大変広いのです。

 

日本語の基礎的な知識から歴史、学習を支援する能力などが試験で問われます。

試験の範囲は16区分で50種類にも及ぶのです。

 

例えば、外国人相手に日本語教育を実施する場合の異文化コミュニケーション能力などが問われる場合もあります。

さらに現場における問題解決力も必要です。

 

やはり人に言語を教えるという職業を目指すだけあり、試験内容はとても複雑で範囲も広くなっているようですね!

 

試験情報その3:勉強方法について

 

ここまでは日本語教育能力検定試験の内容についてお話ししました。

難易度は易しくないと紹介しましたが、試験内容をきちんと把握して勉強すれば決して合格できない資格ではありません。

 

なぜなら若い現役世代だけでなく、中高齢の人や現役を引退している人も合格者はたくさんいるからです。

要は、いかに効率よく時間を有効に使って勉強できるかですね。

 

試験範囲が広いため少し大変ですが、記憶力や暗記力をしっかり鍛えて勉強に挑んだ方が合格率は高まるでしょう!

 

日本語教育能力検定試験:2022年度の日程や出題範囲は?

引用:http://www.jees.or.jp/jltct/

引用:https://www.nihongokyoushi.net/kentei

日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人に有利になる?

 

続いて日本語教育能力検定試験の2022年度の詳細についてご紹介していきます。

 

①出願期間:令和4年7月4日(月)から 8月1日(月)まで(当日消印有効)(予定)

②出願先:公益財団法人 日本国際教育支援協会に提出

③受験票の送付:令和4年9月22日(木)に発送(予定)

④試験日:令和4年10月23日(日)9:00~16:40

⑤受験料:14,500円(税込)(予定)

⑥試験地区:北海道 、東北、関東、 中部、 近畿、中国、九州

※地区内での会場は選択不可。※都合により変更する場合あり。

⑦合否結果通知の発送:令和4年12月23日(金)(予定)

 

なお出願書類付きの受験案内の販売は、株式会社凡人社のHPで販売しています。

また全国の主要書店では6月中旬から順次販売しますが、書店によって入荷時期は異なりますので確認してみてください。

https://www.bonjinsha.com/goods/detail?id=13653&page=1&pt=4&disp_count=20&name=9750&goods_order=1

 

続いて試験の出題範囲については、日本文化や日本語の構造、コミュニケーション能力など16の区分に分かれています。

さらに主要項目は全部で50種類です。

 

ただしすべての範囲から出題されるとは限りません。

そのためすべての項目を満遍なくしっかり学習して頭に入れておく必要があります。

 

早めに準備をして、日本語教育能力検定試験に備えたいですね。

 

日本語教育能力検定試験のQ&A!外国人でも受験できる?

引用:http://www.jees.or.jp/jltct/faq/faq01.htm

日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人に有利になる?

 

それでは次に日本語教育能力検定試験でよくある質問についてお答えしていきます。

試験に興味がある方はこちらもぜひチェックしてみてください!

 

①外国人でも受験できるの?

もちろん外国人でも受験可能です。

 

②海外でも受験できるの?

海外では受験できません。試験は日本国内のみで実施されます。

 

③年齢や学歴の制限はあるの?

年齢や学歴による制限はありません。

誰でも受験することができます。

 

④試験は年に何回あるの?

試験は年に1回、毎年10月に実施しています。

 

⑤障害等があっても受験できるの?

病気、負傷、障害がある方も受験できます。

ただし願書出願前に日本国際教育支援協会に電話連絡(03-5454-5215)が必要です。

 

その上で「受験上の配慮申請書」を取り寄せて願書と一緒に提出しなくてはいけません。

また障害等の内容によっては対応できないケースもあるので注意が必要です。

 

日本語教育能力検定試験は年齢、学歴、国籍に関係なく誰でも受験できます。

ただし外国人が試験を受けるには日本人以上に難易度は高くなるでしょう。

 

いずれにしてもしっかりした受験対策が必要です!

 

日本語教育能力検定試験の暗記がはかどる魔法の脳トレとは?

日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人に有利になる?

 

ここまでお話ししてきたように日本語教育能力検定試験の内容は、非常に記憶力が重要になってきます。

広範囲の試験内容を、まんべんなく学ぶ必要があるのです。

 

記憶力に自信がないと少し不安ですよね。

不安な方は、記憶力が飛躍的に高まる効果がある脳トレを試してみてはいかがでしょうか。

 

最新の脳トレ「宮地式脳トレ記憶術」は、トレーニングなど一切不要で無駄をなくしたシンプルな内容になっています。

そのためやることはスマホで1日に10分の動画を見るだけでOK!

 

何もしなくても勝手に記憶力やIQが上がっていくという魔法のような体験することが可能です。

しかも動画を見るだけなので年齢や経験は関係ありません。

 

例えば小学生や高齢者でも楽しく脳トレができますし、記憶力もIQも高まっていくのです。

脳トレはコツコツやる必要がある、面倒で時間がかかるというのは誤解なんですね。

 

また最新の脳トレで記憶力やIQが高くなると、物事を論理的に考えるようになり効率的に行動できるようになります。

つまり何でも答えを早く導き出すことができるということです。

 

このことから脳トレを習慣にすることで資格試験の勉強がはかどるだけでなく、日々の生活の質が向上することになります。

そうなれば物忘れなども無くなって自分に自信も出てきますね。

 

人の名前や顔、会話も頭に入るので、人間関係にもメリットがあります。

このように最新の脳トレ「宮地式脳トレ記憶術」はシンプル内容でありながら人生を変えられるすごい脳トレなのです。

 

記憶力や暗記力を高めたいと考えている方は、ぜひ一度試してその効果を実感してみてください。

きっと「やってよかった」と思えるに違いありません!

 

まとめ

日本語教育能力検定試験は役に立たない?就職や求人に有利になる?

 

今回は日本語教育能力検定試験は役に立たないというのは本当なのかお話ししてきました。

この資格は日本語教師になるためには確実に有利ですし、ぜひ取っておきたい資格です。

 

日本語教育能力検定試験は役に立たないというのは単なるうわさでしたね。

ただ試験は出題範囲が広く覚える内容もたくさんあるため、記憶力に不安を覚える方もいると思います。

 

しかし脳トレで記憶力や暗記力を鍛えれば、何歳であっても日本語教育能力検定試験に合格するのは夢ではありません。

効率的な試験対策をして1発合格を目指して頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。