57歳からの生き方を楽しくするには?57歳からの人生で直面する問題とは?

57歳からの生き方を楽しくするには?57歳からの人生で直面する問題とは?

 

「定年後の生活ってどうしたらいいんだろう?このまま会社に居続けた方がよいのかな」

 

定年という言葉が遠くない未来にある57歳頃から、定年後の生き方について悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

実際に、定年後のシニア層はさまざまな問題に直面し、悩んでいます。

 

  • 57歳からの生き方を楽しくするにはどうする?
  • ライフプランの設計はどう考えればいいの?
  • 57歳って生活習慣や人間関係も変えるべき?

 

など、シニア層が抱えている問題について詳しく知りたいですよね。

そこで今回は、57歳からの生き方を楽しむための秘訣について色々お話していきます。

 

定年が近づくにつれ不安になり、未来が心配だという方もいるでしょう。

しかし、定年に備えてライフプランの設計や生活習慣の見直し、良好な人間関係を築けば理想的な定年後の生活を送れます。

 

誰だって、残された人生の時間を楽しく生きたいですよね

ほかにもシニアが直面した実体験や57歳の生き方の本についてなどもご紹介していきます。

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

57歳からの生き方を楽しむには?58歳からの女性の生き方とは?

57歳からの生き方を楽しくするには?57歳からの人生で直面する問題とは?

 

57歳からの生き方を楽しむためには、どうしたらいいのでしょうか?

おそらく、定年後のことを考えて不安になっている方が多いと思います。

 

不安を拭い去るには、定年後のためにしっかりとプランを練ることや、目標に向かって行動に移すということが必要です。

そのために必要なことは、今すぐできるだけやっておくのがよいでしょう。

 

定年前にこれらを行動に移すだけで、定年後の生活を楽しく迎えることができますし、むしろ定年が楽しみになります。

まずは57歳からの生き方を楽しむために必要なことを、詳しくご紹介していきましょう!

 

ライフプランの設:脳トレで記憶力を上げて会社に頼らず稼ぐ

 

定年後で一番気になるのはやはりお金、つまり「老後資金」でしょう。

年金だけでは不安といった気持ちから、定年後でも働くという考えを持つ人が増えてきています。

 

何か仕事を探さなくちゃと思いますよね。

ただし定年後の仕事で代表的なものといえば、掃除や警備、配達など体力重視の仕事がほとんどです。

 

一方、会社に残るとなった場合は今までと同じ要領で仕事をしなければなりません。

しかし、年齢を重ねるにつれて体力や記憶力は徐々に低下します。

 

そのため定年後に会社に頼らず稼ぎたいのであれば、稼ぐ力を備えておくことが必要です。

稼ぐ力に直結しているのは、体力や頭の回転の他に、記憶力や注意力、抑制力、予測力などがあげられます。

 

こうしてみるとどれも年齢と共に衰えていくものばかりですよね。

なかでも体力はどうしても年齢と共に低下しやすく鍛えるのも大変ですが、脳は年齢を重ねても鍛えられるのです。

 

つまり、50代からは脳を鍛えることが大切になってきます。

「脳を鍛える」と聞くと、大変な努力と時間を費やさなければならないというイメージが強いですが、そんなことはありません。

 

しかも時間や努力を費やさなくてもできます。

簡単なコツさえ掴んでしまえば記憶力をアップさせたり、脳を鍛えることができるのです。

 

なかには、スマホでたった10分動画を見るだけで記憶力とIQを鍛えるという方法もあります。

そちらを試してみるというのも、おすすめです。

 

50代から脳トレを始めれば、人生の無駄が減り時間を有効活用する力を身に付けることができます。

記憶力やIQがアップするので、60歳からの資格試験合格も夢ではありません。

 

物忘れもなくなり、勉強だけでなく人の名前や顔もすぐに覚えることができるのでさまざまな有利になります。

つまり、人生かなり得することができるでしょう。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

生活習慣:日常的に自分をほめる習慣をつけてポジティブに生きる

 

人生楽しく生きるには、ポジティブになるということも必要です。

人は年齢を重ねるにつれネガティブ思考に陥りやすくなるためで、ストレスを感じて、時には病んでしまうこともあります。

 

かといって、いきなりポジティブになるというのは難しいことでしょう。

実はポジティブに生きるために一番必要なことは、自分を褒めるということなんです。

 

まずは日常的に、どんな些細なことでもいいので自分を褒める習慣をつけてみてはいかがでしょう。

特に歳を重ねると、自分の容姿が気にならなくなったり諦めてしまうことも多いですよね。

 

毎日同じことを繰り返していると自分の化粧や髪について、何も思わなくなってくるということも珍しくありません。

まずはどんなに細かいことでもよいので、自分を褒めるところから始めてみるのがおすすめです。

 

化粧が上手くできたときや、肌の調子がよいとき、髪のセットが綺麗にできたときなど、ぜひ自分を褒めてみてください。

自分を褒めることで自分に自信がつきます。

 

そして自分に自信をもつと、自分だけの魅力を輝かせられるようになっていくのです。

その結果、周りから褒められることも増え、さらに自分への自信に繋がるでしょう。

 

自分が頑張ったご褒美を用意するというのも、試してみてください!

また、定年に近づくと、新しいことにチャレンジしたいという気持ちが芽生えることも珍しくありません。

 

しかし、そのことを家族や友人に話すと、「え、今から?」と否定されることもあるでしょう。

周りが否定することで、そこからネガティブな思考に陥りやすいのが人という生き物です。

 

しかし、人生は一度きりであり、定年後こそ人に与えられる人生で最も自由な時間なのではないでしょうか。

ここはネガティブになる必要はなく、勇気をもって一歩踏み出すことが大切です。

 

つまり日常的に自分を褒めるというのは、人生を楽しむために必要不可欠なことといえるかもしれません。

人は新しいことに挑戦することで、人生が輝いて見え、ポジティブに生きることができます。

 

そして新しいことに挑戦するには、脳を上手く使うことが必要です。

脳の中にあるイメージを具体的に設計図化することで、無意識に夢に向かって行動することができます。

 

このように、脳を上手く使うには脳トレで脳を鍛えるのがおすすめです。

ぜひ、自分を褒めるを習慣化しつつ脳トレで脳を鍛えてみてください。

 

なお、「よしやるぞ!」と思い立ってもいつも頓挫してしまうあなたへ。

以下の記事では、あなたの意思が弱くなってしまう原因となかなか行動できない自分を吹き飛ばす方法をご紹介しています。

 

詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください!

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

人間関係:家族や友達を大切にする・付き合い方や接し方を見直す

 

定年が近づくと、家族や友人との人間関係について、漠然とした不安になる方も多いのではないでしょうか。

実際定年後は人付き合いがぐっと少なくなり、そのまま孤独になってしまう人も多いのです。

 

しかも孤独になると、精神的に不安になると言われています。

そう考えると定年後孤独になるというのは、身体にも心にも本当によくありませんよね。

 

周囲に信頼できる人がいると「相談相手がいる」という安心に繋がり、心穏やかに暮らせます。

ですから、今のうちに友達や家族と良好な関係を築くことがおすすめです。

 

また定年間近になると、立ち止まってもう一度家族について考えるようになることもあるでしょう。

まず、子供には世話を焼くのをやめます。

 

子供は自分の思い通りにはならないということを受け入れ、距離を置いて見守ることが大切です。

そうすることで、子供に対する依存を回避することができます。

 

また、親に関してですが、この年齢になると義理の親の介護が必要になってくることもあるでしょう。

介護をめぐって、夫と喧嘩してしまうという人も多いのです。

 

精神的に追い詰められるような関係であれば、無理をして義理の親の面倒を見るというのは、あまりおすすめできません。

また、無理をすることで家族との仲が険悪になる場合があります。

 

まずは夫や自治体の福祉担当などともよく相談し、介護サービスの利用などを促してもらうのがおすすめです。

さらに実親であっても、距離をおかざるを得ない場合は割り切ることも大切でしょう。

 

一方、友達付き合いは無理のない付き合いが大切です。

モヤモヤした気持ちを抱えながらの友達付き合いは、ストレスの原因となってしまいます。

 

上手く付き合いたいのであれば、友人には自分の理想を相手に押し付けないことが大切です。

お互いのことをよく知り、認め合い、尊重し合う関係がベスト。

 

たとえ親友と呼べる存在であっても、家庭問題や病気など相手が触れて欲しくなさそうなときがあるはずです。

そんなときは友人の気持ちを尊重して一歩引いて見守りまょう。

 

それでも上手くいかなかった場合は関係を回復させようと頑張るのではなく、その現状を受け入れることが必要です。

頑張ろうと前のめりになると余計にうまくいかず、お互いストレスが溜まる一方になります。

 

定年後に家族や友人と余生を過ごしたいのであれば、今から家族や友達に対する付き合いや接し方を見直してみるのがおすすめです!

 

57歳からの生き方を考えさせられるシニアが直面した実体験を紹介!

57歳からの生き方を楽しくするには?57歳からの人生で直面する問題とは?

 

本当に57歳から定年後のことを考えなければならないのか、今でなくてもよいのではないかと思う方もいるでしょう。

そんなときは、実体験を知るのが一番です。

 

57歳からの生き方を考えさせられるシニアが直面した実体験を紹介していきます!

 

①定年退職後・退職定年後に努力が水の泡になった

 

定年退職を迎えると、これまでの努力が水の泡になったように感じたという声が多かったのです。

これは、今まで仕事のためにしてきた努力を活かす場面がなくなったことで起こる恐怖でしょう。

 

今まで自分がしてきたことは何だったのか、それが分からなくなって虚無感に襲われたという声がたくさんありました!

 

②会社の合併統合で自分の仕事が消える恐怖

 

会社が合併統合した際に、恐怖を覚えたという人もたくさんいらっしゃいました。

この場合はリストラされる社員が多いという現実からの恐怖です。

 

また、仮に残れたとしても古い仕事内容は全て撤廃され、これまでとは全く違う仕事をしていかなければなりません。

新しい仕事に取り組むのが困難なシニア層は、恐怖を覚えてしまうようです!

 

③肩書・名刺がなくなることへの恐怖・アイデンティティがなくなる

 

定年後に多くの人が感じるのは、会社生活と定年生活のギャップです。

会社で頑張っていた人が定年を迎えると肩書や名刺がなくなるので、それに対して恐怖を覚えたという実体験が多くあります。

 

これは仕事を誇りに思っていた人や、同僚と仲良く飲み会をしていた人などに起こる恐怖だそうです。

つまり「自分のアイデンティティがなくなった」と、思ってしまう人が多いのでしょう。

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

57歳からの人生が楽しくなる生き方は?参考になる生き方の本!

57歳からの生き方を楽しくするには?シニアが直面した問題とは?

 

ここまで、さまざまな57歳からの生き方をお話してきました。

ですが、自分の人生に関わることですしそう簡単に決められるはずがありません。

 

誰だって、定年のことを自分で見つめなおす時間が欲しいですよね。

そんな方におすすめなのが、57歳からの生き方について詳しく書かれた本を読んでみることです。

 

実は50歳~57歳の生き方について書かれた本は多く存在し、販売されています。

定年後幸せに暮らすためにも、今から読んでおくのはおすすめです。

 

次の3冊は、特におすすめですよ!

 

  • 図解 50歳からの人生が楽しくなる生き方
  • 57歳からの意識革命 人生を最後まで充実させるために
  • 50歳から実る人、枯れる人

 

これら3冊のほかにも、50歳からの生き方について書かれた本が本屋や図書館などにたくさんあると思います。

ぜひ一度手に取ってみてください!

 

まとめ

57歳からの生き方を楽しくするには?57歳からの人生で直面する問題とは?

 

57歳からの生き方を楽しくするために必要なことや、シニアが直面した実体験などをご紹介していきました。

定年後を幸せに生きるには、57歳から人生を楽しむことが大切です。

 

楽しむためには、今から少しずつでも行動していくのをおすすめします。

 

  • ライフプランの設計には脳トレを活用する
  • 自分を褒めることでポジティブに生きる
  • 家族や友達との付き合い方や接し方を見直す
  • 57歳からの生き方の本を活用する

 

まずはこれらのことから、試してみてはいかがでしょうか。

特に気軽にできる脳トレは、記憶力やIQが向上するので57歳以降も新しいことにチャレンジしやすくなります。

 

でも今までの生活を変えるというのは怖いことですよね。

それでも少しずつ変えていくことで、57歳からの人生を楽しく生きることができますよ!

 

残りの人生を、精一杯楽しんで生きていきましょう!

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。