人の話が頭に入らないのは病気?話が頭に残らない時の対処法を解説!

人の話が頭に入らないのは病気?話が頭に残らない時の対処法を解説!

 

「人の話が頭に入らなくなるんだけどなぜ?どうすればいいの?」

 

人と会話をしているときに、人の話が頭に入らなくなったなと感じることはありませんか?

しっかり話を聞いているつもりでも話の内容がよく理解できないと、脳の衰えを感じて不安になってしまいますよね。

 

  • 人の話が頭に入らなくなった原因って何?
  • 人の話が頭に入らなくなった時の対処法はある?
  • 人の話が頭に入らなくなったら病気の可能性は?

 

人の話が頭に入らなくなった原因など、いろいろなことが気になるのではないでしょうか?

 

そこで今回は人の話が頭に入らなくなってしまう原因と、それぞれのケースによる対処法について詳しくご紹介していきます。

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

人の話が頭に入らない原因と対処法!よくある場面ごとに解説

人の話が頭に入らないのは病気?話が頭に残らない時の対処法を解説!

 

人の話が頭に入らなくなった原因と対処法を解説します。

人の話が頭に入らなくなる瞬間というのは、人によって、または場面によって違いますよね。

 

まずは自分がどんな状況で話が分からなくなってしまうのか思い返してみましょう。

ここではよくある場面ごとに考えられる原因と対処法をご紹介します。

 

人の話が頭に入らない原因は緊張?病気?それとも興味がないだけ?

 

人の話が頭に入らないときは、話をしている相手が誰かも重要なポイントになります。

例えば相手があまりよく知らない人や目上の人、職場の上司などと話しているときに頭に入らなくなる時はありませんか?

 

これは、極度に緊張しているのが原因かもしれません。

学校の先生や病院のお医者さんと話しているときに頭が真っ白になってしまう人もいます。

 

異性が苦手な人は、異性と向かうだけで自分が何を話しているのか分からなくなってしまう人もいるのです。

また緊張とは真逆で、相手に興味がなくて注意力が散漫になり、話が頭に入らなくなってしまうケースもありますね。

 

例えば、玄関先で興味のない商品の営業をされた時などは、話をしっかり聞かないのではないでしょうか。

他のことをしているなど、会話そのものに集中していないときも人の話は頭に入りません。

 

テレビを見ながら話しているときに、的外れな返事をしてしまう場合などがこのケースに当てはまります。

さらに人の話が分からなくなってしまう原因としてADHD(注意欠如・多動性障害)なども可能性として考えられますね。

 

ADHDはじっとしていることが苦手で動き回ってしまう、注意力散漫で話を最後まで聞けないなどの特徴が見られます。

他にも忘れ物が多かったり、整理整頓が苦手だったり、後先考えずに行動してしまうなどのケースもあるようです。

 

ADHDの多くは、学童期などの子供の頃に両親や教師が気付いて診断を受けることが一般的でしょう。

しかし、社会に出てうまく仕事がこなせないなどで大人になってから分かる場合もあります。

 

ただしADHDかどうかを個人で判断するのは困難です。

上記の症状にたくさん当てはまる場合は一度診察を受けてみても良いかもしれません。

 

診断がつくことで不安が解消するケースもあります。

専門家によるケアやアドバイスを受けられ、症状が改善する可能性もあるのです。

 

人の話が頭に入らなくなった場合の対処法は?まずはメモを取ろう!

 

人の話が頭に入らなくなったときは、会話をしながらメモを取るのもおすすめです。

会話の流れや相手の発言で、特に重要なワードだけをメモするくらいなら簡単ですね。

 

特に大事な話をする学校、職場、病院などではメモが後で何かと役に立ちます。

状況が許されるなら、メモを相手に見せて「こういう意味であっていますか?」と確認を取るのもおすすめです。

 

お互いに状況が確認できると、確実に話を理解できるようになりますよ。

ただ日常生活の中で誰かと普通に会話をしているときはその場でメモを取るのは難しいですよね。

 

その場合は会話が終わってからメモを書いておくのもいいでしょう。

ただし時間が経つと忘れてしまうので、すぐに書いてまとめるのがコツです。

 

メモは紙とペンの手帳でも良いですし、スマホのアプリなどを利用する方法もあります。

メモに書いたりスマホに入力したりするのが面倒なら、ボイスメモで音声にして記録しておくのもいいでしょう。

 

必要ないと思えばすぐに消去できます。

話を耳で聞くだけでは頭に入らなくても、手で書いたりスマホで入力したりすることで記憶に残りやすくなるはずです。

 

絶対に忘れてはいけない大切な話や約束事などは、しっかり自分で対策を取っておくことが必要ですね。

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

人の話が頭に入らなくい・違うことを考える人の改善&訓練方法は?

人の話が頭に入らないのは病気?話が頭に残らない時の対処法を解説!

 

人の話が頭に入らなくなった・違うことを考える人は、そのことに非常に悩んでいる人も多いですよね。

「自分を変えたい」と考えている人もいるでしょう。

 

人の話が頭に入らなくなるのは自分が困るだけでなく、相手にも嫌な気分にさせてしまう可能性もゼロではありません。

人の話が頭に入らなくなったときなどの具体的な改善訓練方法について、3つご紹介します。

 

①:睡眠時間をしっかり確保する

 

人の話に意識を集中して聞くのは意外と神経を使います。

人の話が頭に入らないと感じたときは、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

 

睡眠時間を十分とって常に頭をすっきり覚醒させておくことも重要です。

寝不足では頭が重くてボーっとしますよね。

 

体の疲れも取れないままだと、頭の回転が鈍くなって話が理解できないこともあるでしょう。

会話の質を上げるためには、睡眠でしっかり頭と体を休めて回復させておかなくてはいけません。

 

眠りが浅い人などは寝具を変えてみたり、ゆっくり眠れるように部屋に遮光カーテンをつけたり工夫するのもおすすめですよ。

寝る前のスマホやPCは熟睡の妨げになるので、気を付けてください。

 

休日などはお昼寝の時間などを確保するのも良いですね。

ただし昼寝は長くても15分程度にとどめてください。

 

1時間も2時間も昼寝をすると、睡眠サイクルが乱れてしまいます。

睡眠は基本的に週末にまとめて寝れば良いというものではありません。

 

毎日忙しくてもなるべく早寝早起きをして、良質な睡眠時間を確保するようにしましょう。

 

また、「よしやるぞ!」と思い立ってもいつも頓挫してしまうあなたへ。

以下の記事では、あなたの意思が弱くなってしまう原因となかなか行動できない自分を吹き飛ばす方法をご紹介しています。

 

詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください!

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

②:質問方法を変えてみる

 

人の話が頭に入らなくなった・違うことを考える人は、話の内容が難しすぎるケースも多いはずです。

このような場合は、相手への質問方法を変えてみましょう。

 

「○○まではわかりました、××は▲▲ということで合っていますか?」と具体的に質問するのです。

漠然と「わからなかったので教えてください」では相手も困ってしまいますよね。

 

わかっている内容を具体的に提示したうえで、わからないことを伝えてみてください。

「たったこれしかわかっていないのか」と恥ずかしがる必要はありません。

 

相手は「ああ、ちょっと難しくしすぎたな、じゃあその前の基本から伝えよう」と気づいてくれるはずです。

わかったふりをしてしまうと、どんどん話が頭に入らなくなります。

 

その前に、一旦具体的な内容を質問するようにしてみてましょう。

質問方法を具体的にすると心がけるだけで、かなり改善されます。

 

③:脳トレをして暗記力を上げる

 

人の話が頭に入らなくなり脳の衰えを感じるときは、脳トレで記憶力を上げてみるのもおすすめですよ。

脳トレは脳の記憶力を高めることができるトレーニングで、それに伴ってIQまで上げることができるのが魅力ですね。

 

最近話題になっている「宮地式 脳トレ記憶術」は、特におすすめです。

東大生から主婦、会社員、80代の高齢者まで幅広い世代の人が利用してその効果を実感しています。

 

開発したのは、世界中の天才が集まるMENSA(メンサ)の会員で、記憶力で世界新記録も樹立した人物。

最近は、テレビなどのメディアにも出演して注目されている「宮地真一」氏です。

 

1日にスマホで動画を10分見るだけでOKという手軽さで、忙しい人でも楽しく続けやすい工夫がされています。

難しい参考書やノート、ペンなどは一切不要なのです。

 

これなら子育て中の主婦や帰宅時間が遅くなる会社員でも安心ですね。

家事の合間や、電車などでの移動中など思い立った時にすぐに取り組めます。

 

記憶力やIQが上昇すると、人の話が頭に入らないという困った状況がなくなっていきます。

会話も弾むようになり、人と話すのが楽しくなっていくでしょう。

 

脳トレをすると、気持ちが前向きになるのもメリットです。

特に中高齢の人は「会話の内容が思い出せない」という悩みも解決できて衝撃を受けたという体験をしている人もたくさんいます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

 

なお、「メンサ」について詳しく知りたいという方は、ぜひ以下の記事をチェックしてみてください!

 

メンサ会員の日本人の人数・年収は?日本人会員がうざいと言われる理由!

 

人の話が頭に入らない・話が頭に残らないのは病気?危険なサインを解説

人の話が頭に入らないのは病気?話が頭に残らない時の対処法を解説!

 

話が頭に残らないのは病気なのでしょうか?

実は人の話が頭に入らないのは、緊張や単なる興味がないだけというケースもあります。

 

ADHDなどが原因の可能性もあることも上記でご紹介しました。

さらに他にも考えられる病気として、「うつ病」「脳疲労」「高次脳機能障害」などもあるのをご存知でしょうか?

 

うつ病や脳疲労初期は気力の低下や引きこもり、記憶力の低下などが症状として現れると言われています。

放置していると、やがて症状がどんどん悪化してしまうのです。

 

高次脳機能障害は見た目は健康そうに見えますが、脳の一部に障害が出てしまっている状態です。

脳出血や脳挫傷などが原因で起こる可能性があります。

 

症状としては失語症、記憶障害、注意障害、失認症などさまざまです。

本人も家族もはっきり原因が分からずにトラブルになるケースもあります。

 

人の話が頭に入らなくなったと感じるときは、単なる脳の老化現象ではない可能性もあることを覚えておきましょう。

もしも不安な場合は、病院を受診してくださいね。

 

まとめ

人の話が頭に入らないのは病気?話が頭に残らない時の対処法を解説!

 

人の話が頭に入らなくなった場合の原因や対処法について解説しました。

いろんな原因をご紹介しましたが、要点をまとめると次のようになります。

 

  • 人の話が頭に入らなくなる原因は「緊張」「興味がない」「ADHD」などが多い
  • 人の話が頭に入らなくなったときの一番の改善方法はメモを取ること
  • 改善方法では睡眠時間を確保、質問方法を変える、脳トレなども非常に効果的
  • 症状によっては「うつ病」「脳疲労」「高次脳機能障害」などの確認も必要

 

人の話が頭に入らないのは、さまざまな病気が隠れているケースもあります。

どうしても不安な場合は、病院を受診すると安心ですね。

 

しかし、特に病気などがない場合は特に脳トレが高い効果を期待できます。

1日にスマホで10分動画を見るだけなので、忙しい人にもおすすめです。

 

脳トレで記憶力やIQを上昇させると、人の話が頭にしっかり入るようになり会話も弾みますよ。

人生そのものも充実し、楽しくなっていくでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。