宅建士に独学で主婦がなれる?独学で受かった人の勉強法やテキストを紹介!

宅建士に独学で主婦がなれる?独学で受かった人の勉強法やテキストを紹介!

 

「宅建士に独学で主婦がなれるかな?独学で受かった人がいるなら勉強方法やテキストを知りたい!」

 

宅建は、不動産会社で働く際、大変役立つ国家資格なので主婦が取っておくと再就職の際に有利です。

しかし子育て中の主婦でも、独学で宅建の資格を取れるでしょうか?

 

  • 宅建士に独学で主婦がなれるの?
  • 独学で受かった人ってどうやって勉強したんだろう?
  • 宅建士になるためのテキストってどういうのがある?

 

果たして主婦が独学で取れるような資格なのか、気になりますよね。

そこで同じような疑問を感じている方のために、宅建士に独学で主婦がなれるのかという内容で詳しく調べてみました。

 

今回のテーマは、将来のために役立つ資格をしっかり取得しておきたいと考える主婦に非常に役立つ内容になっています。

勉強法やテキストも紹介していくので、宅建の資格取得に興味がある方はぜひ参考にしてみてください!

 

宅建士に独学で主婦がなれる?独学で受かった人の勉強法やテキストとは?

宅建士に独学で主婦がなれる?独学で受かった人の勉強法やテキストを紹介!

 

主婦が独学で勉強しても合格するチャンスは十分あるのです。

実は宅建は合格率が15~18%もあり、法律を扱う仕事の中ではそこまで難易度は高くないと言われています。

 

難易度は高くないとはいえ、主婦が宅建の資格を独学で取るためには勉強するための環境を整えることが大切です。

そして、しっかり勉強時間を確保することが一番重要ですね。

 

それでは宅建の独学での勉強方法を、具体的な流れに沿って順番にご紹介していきましょう!

 

まずは良いテキストを選ぶ

 

いざ宅建の勉強を始めるにあたって、必ず準備しなければいけないのはテキストや参考書です。

テキストや参考書の選び方1つで合格できるかが決まるといっても良いでしょう。

 

通信教育などを利用する場合はすべて受講費用の中に入っていますが、独学の場合は自分でテキストも選ばなくてはいけません。

ここで参考になるのがAmazonなどの売れ筋ランキングです。

 

購入者が多く、しかもレビュー内容が良いものには「ベストセラー」と表示されています。

どんな参考書を選べば良いか分からないときは、このベストセラーからテキストや参考書を選ぶのもおすすめです。

 

他にもレビュー数が多いものは、使った人のリアルな感想があるためとても参考になります。

しかしながらテキストは人それぞれ使いやすいものは違います。

 

レビューが良いからといって自分に合っているかは分かりませんよね。

それなので、1冊だけのテキストにこだわらず、複数を使い分けて勉強することもポイントです。

 

次のテキストはAmazonでも高評価で分かりやすい参考書の一例です。

興味がある方はぜひ取り寄せてみてください。

 

①みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2022年度(TAC出版)

引用:https://www.amazon.co.jp/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%8C%E6%AC%B2%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F-%E5%AE%85%E5%BB%BA%E5%A3%AB%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E5%AD%A6%E7%BF%92%E5%AF%BE%E5%BF%9C-2022%E5%B9%B4%E5%BA%A6-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/4813297730/ref=sr_1_1?crid=3TD37QB2CF8BD&keywords=%E5%AE%85%E5%BB%BA+%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88&qid=1652085767&sprefix=%E5%AE%85%E5%BB%BA%E3%80%80%2Caps%2C397&sr=8-1

 

②2022年版 らくらく宅建塾(宅建学院)

引用:

https://www.amazon.co.jp/2022%E5%B9%B4%E7%89%88-%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%8F%E5%AE%85%E5%BB%BA%E5%A1%BE-%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%8F%E5%AE%85%E5%BB%BA%E5%A1%BE%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%AE%85%E5%BB%BA%E5%AD%A6%E9%99%A2/dp/490908455X/ref=sr_1_2?crid=3TD37QB2CF8BD&keywords=%E5%AE%85%E5%BB%BA+%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88&qid=1652085767&sprefix=%E5%AE%85%E5%BB%BA%E3%80%80%2Caps%2C397&sr=8-2

 

③2022年版 宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト(東京リーガルマインド)

引用:https://www.amazon.co.jp/2022%E5%B9%B4%E7%89%88-%E5%90%88%E6%A0%BC%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%84-%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%90%E7%84%A1%E6%96%99%E8%AC%9B%E7%BE%A9%E5%8B%95%E7%94%BB20%E6%9C%AC%E4%BB%98-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC-%E5%AE%85%E5%BB%BA%E5%A3%AB%E5%90%88%E6%A0%BC%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%84%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/4844997157/ref=sr_1_5?crid=3TD37QB2CF8BD&keywords=%E5%AE%85%E5%BB%BA+%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88&qid=1652085767&sprefix=%E5%AE%85%E5%BB%BA%E3%80%80%2Caps%2C397&sr=8-5

 

通読して全体像を把握する

 

自分に合ったテキストや参考書が見つかったら、一度最初のページから最後まで軽く目を通してみましょう。

最初に通読しておくのは、宅建試験の全体像を把握するためです。

 

また、目次を見ただけでもある程度の学習内容は分かりますね。

もちろん最初は何を書いているのか分からなくても焦ってしまうかもしれませんが、心配することはありません。

 

学習が進めば理解できるようになるので大丈夫です。

また通読しておくと試験日までの学習計画なども立てやすくなります。

 

自分がどこまで勉強が進んでいるか分かるとやる気もアップしますよ!

 

章ごとに精読し、問題集を解く

 

テキストや参考書を一通り通読したら、いよいよ章ごとに精読して実際に問題集を解いていきましょう。

おそらく初めて宅建の勉強をする場合は、途中でいくつも分からない用語が出てきます。

 

たとえ面倒でも、1つずつ意味を調べながら確実に覚えていくことが大切です。

そして間違えた場所などをメモしておくと、後で復習する時に便利ですね。

 

参考書に加えて、用語集なども別で用意しておくのもおすすめです!

 

苦手分野をリピートで解く

 

何度か参考書を通しで勉強していると、自分が苦手な分野がどこか見えてきます。

試験前はその苦手な分野を徹底的にリピートして解くようにしましょう。

 

また実力がついたか確認するには過去問はぜひチャレンジしてみてください。

その際は本番と同じように、何も見ないで時間制限をつけて解くのもおすすめです。

 

過去問にチャレンジすると自分の苦手分野がさらに明確になり、学習の効率もアップします。

ただし過去問はあまり古いものは試験の傾向が変わっているかもしれません。

 

なるべく新しい直近のものを選ぶのが合格へのポイントになります。

 

主婦に宅建士の使い道はある?人生変わったぶっちゃけ体験談を紹介!

宅建士に独学で主婦がなれる?独学で受かった人の勉強法やテキストを紹介!

 

では続いて、主婦で宅建の資格を見事に手に入れた人の体験談をご紹介します。

同じ主婦のリアルな体験談はとても参考になります。

 

資格を取得して何が変わったのか、詳しく見ていきましょう!

もし今すぐに宅建士になる予定がなくても、資格を取るメリットは色々あるとわかりますよ。

 

自信につながった!

 

宅建の資格を独学で手に入れると、大きな自信につながります。

なぜなら宅建の試験は決して簡単な試験ではないからです。

 

さきほども勉強法のところでお話ししましたが、宅建は専門的な法律の内容が出てきます。

それをしっかり理解して、頭に入れることができたというのはすごいことですよね。

 

このような大きな目標を成し遂げた成功体験によって、「やればできる」という自信がつくのは素晴らしいことです。

自信がつくと、この先どんなことにも諦めずにチャレンジできるようになるでしょう。

 

しかも勉強のコツなどもわかっているので、他の資格にも挑戦しやすくなります。

 

周りの人から信頼されるようになった!

 

宅建は、世間のイメージだけでなく実際とても信頼度の高い国家資格です。

宅建の資格を持っているだけで周りの見る目は必ず変わります。

 

これまでは「普通の主婦」という目で見られていたのが、「宅建の知識と資格を持つ主婦」になるのです。

まさに人生のキャリアップと言えますよね。

 

そうして周りから信頼されるようになると、さらに自信が出てきます。

特に人に自慢できるような特技がない人は、ぜひチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

万が一のときは不動産屋で働けるという余裕ができた!

 

宅建の資格を取った主婦によると、今は働けなくても万が一のときに働けるという余裕ができたという人も多いです。

なぜならこの先の長い人生は何が起こるか分かりません。

 

中高齢になると、何も資格や経験がないと再就職できる可能性も減ってしまいますよね。

でも国家資格の宅建さえ持っていれば、必ず就職できるという安心感があります。

 

特に不動産会社などは実力重視の会社も多いのです。

中高齢の途中採用なども多く、そんなときに宅建は周りに差をつける大きな武器になります。

 

今もし少しでも時間に余裕があるなら、宅建の資格を取っておくのはいかがでしょうか。

きっと自分の人生にプラスになるに違いありません!

 

宅建士の独学がラクになる!記憶力がぐんぐん上がる極秘の脳トレとは?

宅建士に独学で主婦がなれる?独学で受かった人の勉強法やテキストを紹介!

 

ここまでご覧になって、主婦でも努力すれば独学で宅建の資格を取得できるということがお分かりいただけたと思います。

でも「やっぱり暗記が苦手だから無理かも……」と思った人も多いのではないでしょうか?

 

不慣れな専門用語をたくさん覚えるのは時間もかかりそうですよね。

そこでここからは宅建の独学での勉強がもっとラクになる、「脳トレ」を活用した勉強法をご紹介していきます!

 

まずたくさんある脳トレ商品の中でも一番おすすめしたいのは「宮地式脳トレ記憶術」という商品です。

この脳トレは記憶力で世界新記録も樹立している宮地真一氏が考案したものですが、注目すべきはその内容のすごさです。

 

なんと1日にスマホで10分の動画を見るだけで、面倒なトレーニングなどをしなくても勝手に記憶力とIQが上がっていきます。

しかも年齢や経験も一切関係なく、誰でも何歳からでも効果を実感することが可能なのです。

 

実際に、80代の方もこの脳トレを行って効果を実感しています。

ここまで簡単でシンプルな内容の講座で「本当に効果はあるの?」と考える人もいるかもしれませんね。

 

しかし考案者の宮地氏は記憶力で確かな実績を残している人物です。

実際に学生から主婦、高齢者まで幅広い年代の人がその魔法のような効果を体験しています。

 

脳トレで記憶力やIQが上がれば膨大な量の暗記でも短時間で覚えることができるのは言うまでもありません。

そのうえIQまで上がればテキストの内容もすぐに理解できます。

 

これなら忙しい主婦でも子育てや家事の隙間時間に効率よく勉強できますね!

もう暗記で悩む心配はありません。

 

さらに脳トレで頭を活性化しておくと物忘れや認知症の予防にも効果的なので、今後の人生にもかなり役立つでしょう。

このように脳トレには宅建試験に役立つメリットがたくさんあります。

 

限られた時間を上手く勉強時間に充てるために、ぜひ話題の「宮地式脳トレ記憶術」の効果を体験してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

宅建士に独学で主婦がなれる?独学で受かった人の勉強法やテキストを紹介!

 

今回ご紹介したように、主婦が独学で宅建士になるのは決して不可能ではありません。

大切なのは、自分に合った良いテキストを選んで弱点を克服しながら勉強することです。

 

また諦めないという強い意志も必要ですね。

そしてもし暗記が苦手な場合は、最新の脳トレが非常に役に立ちます。

 

難しい宅建の資格も、記憶力を高めて効率をアップすれば短期間で合格も狙えるでしょう。

自分自身のスキルアップ、また将来の安心を手にするために、ぜひ頑張って宅建の資格を取得にチャレンジしてみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。