行政書士の難易度ランキング!初心者が独学で合格できる勉強法とは?

行政書士の難易度ランキング!初心者が独学で合格できる勉強法とは?

 

「難関資格である行政書士の難易度ランキングを知りたい!初心者でも独学で合格できる勉強方法ってある?」

 

行政書士は法律関係の資格の中でも特に人気が高いため、資格を取りたいと考えている初心者の方もいると思います。

でも、チャレンジする前に行政書士の難易度ランキングや初心者が独学で合格できる勉強方法も知っておきたいですよね。

 

  • 行政書士の難易度ランキングはどのくらい?
  • 行政書士って初心者でも合格できる?
  • 初心者が合格できる勉強方法って何かある?

 

など、行政書士の資格取得に関して、さまざまな疑問があると思います。

そこで今回は、法律を扱う資格の難易度をランキングにしてまとめてみました。

 

行政書士は特に受験資格がなく、年齢・職歴・国籍・性別などに関係なく誰でも試験を受けられる資格です。

受験者数は2021年から2年連続で4万人を超え、2022年度には新たに5千人以上もの人が行政書士の資格を取得しています。

 

なぜ行政書士がこれほど人気が高い資格なのかご存知でしょうか?

どれだけ社会情勢が変わって不況になっても、失業する可能性が極めて低いのが最大のメリットだと言われています。

 

そもそも行政書士の仕事内容は、官公庁に提出する公的な書類作成が主な業務です。

そのため職場は一般企業だけではありません。

 

法律事務所、金融機関、保険期間、役所などに需要があり、非常に信頼性の高い就職先を見つけられるのです。

会社員や主婦が、第2の人生を考える時に行政書士を選ぶ人が多いのも納得ですね。

 

しかしご存知の通り、法律を扱う資格はいずれも難易度は高いのです。

しっかり勉強しなくて合格するのは難しいでしょう。

 

そこで、初心者の方のために、必要な勉強時間の目安やおすすめの勉強方法なども詳しくお話ししていきます。

ぜひ参考にしてみてください!

 

行政書士の難易度ランキング!初心者でも問題なく合格できる?

行政書士の難易度ランキング!初心者が独学で合格できる勉強法とは?

 

法律関係では司法書士、行政書士、宅建士(宅地建物取引主任者)が有名な3大資格と言われています。

どれも信頼度高く、持っているだけで一目置かれる資格ばかりです。

 

では、これら3つの資格は予備知識のない初心者でも取得することは可能なのでしょうか?

それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

1位:司法書士(勉強目安3,000時間)

 

司法書士は国内の資格では最難関の資格の1つです。

司法書士は裁判所に提出する書類の作成や商業登記などを主に行います。

 

さまざまな分野の法律に精通しているがあり、資格取得にはかなりの勉強が必要です。

そのため個人差はありますが、初心者なら勉強時間の目安はおよそ3000時間だと言われています。

 

なぜなら司法書士で出題される試験科目は全部で11もあり、それらを一通り頭に入れるだけでもかなりの時間を要するためです。

ちなみに3000時間は1年365日休みなく毎日勉強して、1日あたりおよそ8時間になります。

 

つまり、2年間かけて勉強しても1日に4時間必要になるのです。

どれだけ難しい試験なのか、この勉強時間だけを見てもよく分かりますね!

 

2位:行政書士(勉強目安800時間)

 

続いて行政書士の資格についてです。

行政書士は、司法書士に比べると資格取得の難易度は低いと言われています。

 

しかし、それでも初心者なら勉強時間はおよそ800時間は必要です。

計算すると、1日に2~3時間ほど勉強できるなら1年あれば合格を目指すことも可能なレベルですね。

 

ただし仕事や子育てをしながらその合間に勉強する場合は、やはり簡単にとはいかないでしょう。

行政書士に合格するためには、きちんと学習計画を立てて勉強することが大切です!

 

3位:宅建士(勉強目安400時間)

 

3つめの「宅建士(宅地建物取引主任者)」は、主に不動産関係の職場で働く時に必須となる資格です。

宅建は幅広い世代の人に人気があります。

 

そのため、スキルアップや転職のために資格取得を目指している人がたくさんいるのです。

実は宅建の勉強時間の目安は意外と少なく、初めて勉強する人でもおよそ400時間ほどあれば合格を目指せるでしょう。

 

上の2つの資格に比べると取得の難易度はかなり易しいと言えます。

仮に1日に1~2時間勉強できるなら、1年あれば余裕を持って資格試験の準備ができるでしょう。

 

この難易度の低さも幅広い年代に人気の理由になっています。

もし法律関係の知識がまったくない初心者なら、まずは宅建を取ってから行政書士などにチャレンジするのもおすすめです!

 

行政書士に初心者でも合格!受かる気がしない人でも楽勝な勉強法を紹介

行政書士の難易度ランキング!初心者が独学で合格できる勉強法とは?

 

ここまでご覧になって、行政書士の難易度がお分かりいただけたのではないかと思います。

ほとんどの人は「やっぱり難しそうだな」と感じたのではないでしょうか。

 

でも諦めるのはまだ早いですよ!

計画をしっかり立てて努力すれば、忙しい会社員や主婦でも行政書士の資格を独学で取得できるのです。

 

とはいえ、どうやればいいのか不安ですよね。

ここからは、行政書士の勉強を始めてする人でも合格できる勉強法についてご紹介していきます。

 

まずは勉強必要時間を確保する(綿密なスケジュール)

 

さきほどご紹介したように、行政書士の勉強時間はおよそ800時間が目安です。

これはあくまでも目安なので、人によってもっと少ない時間で合格する人もいますし、さらに勉強時間が必要な人もいます。

 

いずれにしても行政書士の資格を取得するには、しっかり勉強時間を確保することが大切です。

朝1時間早く起きて勉強する、通勤時間を有効活用するなどが考えられますね。

 

また、合格までの綿密なスケジュール調整も必須です!

先を見通せるスケジュール表やスケジュール管理ができるアプリなどがあると、調整しやすくなりますよ。

 

「テキストの素読みと演習」を繰り返す(知識の定着)

 

まず、資格試験の勉強を始めたときは、ひたすらテキストの素読みと演習を繰り返します。

素読みと演習によって、必要な知識を定着していくわけです。

 

さらに、独学の場合は知識が定着したかを確認するために過去問にチャレンジするのも良いでしょう。

直近10年分くらいはやっておきたいですね。

 

「素読み→演習→過去問」というサイクルを何度も繰り返しているうちに、自分の苦手箇所が自ずと見えてきます。

試験前はその苦手箇所を集中的に勉強して弱点を克服していくのがポイントです!

 

行政書士試験アプリも使う(すき間時間の活用)

 

次に独学での勉強が難しそうだなと思った時は、行政書士試験のアプリも積極的に使ってみましょう。

実は行政書士の試験勉強に使えるスマホアプリはいろんなものがあります。

 

例えば次の3つのアプリは無料で使える上に、実用的で非常に便利ですよ。

 

  • 行政書士 国家試験 無料過去問題集
  • 行政書士 試験対策厳選問題集
  • スキマ時間で行政書士

 

これらのスマホアプリを使うメリットは、すき間時間を活用できる点です。

スマホなら参考書やノートなどを広げなくても、通勤電車の中やカフェなどどこでもパパっと勉強できます。

 

さきほどご説明したように、行政書士の勉強時間の目安は約800時間です。

まとまった時間を確保することが難しい人は、スマホのアプリなども上手く活用して勉強していくのが大切ですね!

 

行政書士がラクラク合格?記憶力がぐんぐん上がる秘伝の脳トレとは?

行政書士の難易度ランキング!初心者が独学で合格できる勉強法とは?

 

ここまで、行政書士の資格取得に向けた勉強方法をご紹介してきました。

やはり人気の国家資格はかなりの勉強が必要ですね。

 

「毎日忙しいし、なんとかもっとラクに効率よく勉強できないか」と思った人も多いのではないでしょうか。

そんな人にぜひおすすめしたいのが最新の「宮地式脳トレ記憶術」を使った勉強方法です!

 

この脳トレは、1日にスマホで10分の動画を見るだけで、記憶力がぐんぐん上がる大変な効果があると分かっています。

しかも面倒なトレーニングは一切必要ありません。

 

テキストや教材、筆記用具などをいちいち用意する必要もないのです。

実は「宮地式脳トレ記憶術」は、年齢や経験に関わらず「誰でも使える魔法の脳トレ」としてメディアでも注目を集めています。

 

スマホで動画を見るたけというシンプルな内容の脳トレでありながら、なぜ記憶力が上がるのか不思議ですよね。

そのため、なかなか信じられない人も多いと思います。

 

実はこの脳トレは、記憶力で世界新記録を樹立した宮地真一という人が開発した脳トレなのです。

つまり、記憶力を上げるのに特化したノウハウを持った専門家が開発した特別な脳トレということになります。

 

さらに宮地真一氏は、IQ130以上しか加入できないことで有名な組織「メンサ」の日本人としても有名です。

そんな超天才が、徹底的に無駄を省いてシンプルに作り上げた脳トレは、記憶力だけでなくIQまで同時に高められます。

 

これはかなり画期的な脳トレではないでしょうか。

つまり資格試験において必要な記憶力と、問題を理解して答えを導き出す高いIQや理解力が簡単に手に入るのです。

 

記憶力や暗記に自信がない人なら余計にやらない手はないですよね。

仕事や家事が忙しい人も、移動中の電車の中やすきま時間に脳トレができるので負担にもなりません。

 

そのうえ脳トレをして脳が活性化すれば、論理的な思考も身につきます。

何でも効率的に行動できるようになると、仕事や勉強などの質も向上するため周囲からの評価も上がるでしょう。

 

実際に「宮地式脳トレ記憶術」を使っているのは学生だけではありません。

もの忘れに悩む主婦、認知症予防をしたい高齢者なども楽しみながら脳トレを実践しています。

 

今から行政書士の資格試験の勉強をするなら、このタイミングでぜひ脳トレも日々の習慣に取り入れてみてください。

かなり効率的に理解ができて、着実に覚えられるはずです。

 

毎日レベルアップしていく自分に自信が湧いてきますよ!

 

まとめ

行政書士の難易度ランキング!初心者が独学で合格できる勉強法とは?

 

今回は、行政書士の難易度ランキングや法律に関する資格の難易度、勉強時間の目安などについてお話ししてきました。

行政書士は司法書士に比べるとやや易しいものの、難易度は高めです。

 

そのため、資格を取りたいと思う初心者の方はためらってしまうのではないでしょうか?

しかし、これらの難易度の高い資格でも独学で取得することは決して不可能ではありません。

 

もちろん取得するにはかなりの勉強時間が必要ですし、記憶力や理解力欠かせません。

少しでも効率的に勉強したいなら、脳トレで記憶力やIQを高めながら勉強するのが一番の合格への近道になります。

 

普段の勉強や仕事そのものの効率も上がるため、その分時間に余裕も出てきますよ。

行政書士の資格を取りたいけれど、自信がないという方に特におすすめです。

 

話題の脳トレを上手に活用しながら、夢の資格の一発合格を目指してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。