サヴァン症候群とギフテッドの違いとは?見抜くコツは顔つきに注目!

サヴァン症候群とギフテッドの違いとは?見抜くコツは顔つきに注目!

 

「サヴァン症候群とギフテッドの違いってどういうところ?有名人の顔立ちから見抜く方法ってある?」

 

サヴァン症候群とギフテッドはどちらも優れた能力を持つ人たちですが、違いがよく分からない人も多いのではないでしょうか。

また、有名人の顔立ちから見抜く方法があるのかも気になるところです。

 

  • サヴァン症候群とギフテッドの違いはどういうところ?
  • 有名人の顔立ちから見抜く方法ってあるの?
  • 自分もギフテッドのような能力を付けられるかな?

 

など、サヴァン症候群とギフテッドについて、いろいろと疑問があると思います。

そこで今回は、サヴァン症候群とギフテッドの違いに注目してお話ししていきます!

 

そもそもサヴァン症候群とギフテッドとはどういう人なのでしょうか。

自閉症などの症状がある人たちの中には、驚異的な記憶力や暗算能力などを持つ人がいますよね。

 

このような人のことを「サヴァン症候群」と呼んでいます。

例えばサヴァン症候群の人が一度見た風景を写真のように記憶していた、過去の出来事を日付や時間まで正確に覚えていたなどは有名です。

 

一方でサヴァン症候群によく似た特徴を示す人のことを「ギフテッド」と呼ぶこともあります。

ギフテッドとは「神様からの贈り物」という意味です。

 

ギフテッドの人は、さまざまな分野において非常に優れた能力を持っている人のことを言います。

さまざまな分野とは学問だけではありません。

 

言語、思考、創造力、記憶、芸術など全てにおいて優秀さを発揮します。

ギフテッドはまさに完璧な人間とも言えるでしょう。

 

このようにサヴァン症候群とギフテッドは、常識では考えられないほど優秀な能力を持つという点はとても良く似ていますね。

しかしこの2つには、実は大きな違いが見られるのです。

 

その違いとはいったい何なのでしょうか?

この記事ではさらに、サヴァン症候群とギフテッドと言われた有名人の顔立ちから見抜く方法もお話ししていきます。

 

ギフテッドのような能力を自分でも付ける方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

サヴァン症候群とギフテッドの違い!有名人の顔立ちから見抜く方法とは?

サヴァン症候群とギフテッドの違いとは?見抜くコツは顔つきに注目!

 

冒頭でお話しした通り、サヴァン症候群は自閉症などの症状を持つ人に見られる特殊能力です。

一方で、ギフテッドの方は自閉症などの障害は確認されません。

 

2つの大きな違いは「自閉症の症状があるかないか」というのが注目すべきポイントですね。

基本的にサヴァン症候群の人は、自閉症の症状特有の「他人とのコミュニケーションを取りづらい」という特徴があります。

 

それに対してギフテッドの人は、コミュニケーション能力には問題ありません。

しかしひとつの事に集中しすぎてこだわってしまう結果、協調性がないと見られてしまう人も多いようです。

 

また優秀すぎることで周囲との違いに戸惑い、集団から孤立してしまう人も出てきます。

サヴァン症候群とギフテッドは、それぞれ本人にしか分からない悩みを感じて生きている人も少なくありません。

 

しかしながら、そんな悩みを抱えながらも素晴らしい能力を発揮して有名になった人もたくさんいます。

 

例えばサヴァン症候群だと言われている人は、画家の山下清、アメリカの芸術家のジョナサン・ラーマンなどが有名ですね。

どちらも芸術の分野で大成功を収めている人物です。

 

またギフテッドだったと言われている有名人には、あのアインシュタインなどがいます。

類史上に残る偉大な業績を残しているアインシュタインは、IQ180だったというのは有名な話です。

 

一般の人のIQは90~100なので、彼は紛れもないギフテッドだと分かります。

またサヴァン症候群とギフテッドは顔や表情に差が出ると言われることもありますが、明確に区別できるわけではありません。

 

一見すると、どちらも他人に無関心な表情など共通点も多いようです。

ただし自閉症のあるサヴァン症候群は、他人とのかかわりを避けたがり視線を合わせようとしないなどの特徴もあります。

 

一方ギフテッドの方は知的な美男美女が多いと言われますが、こちらも根拠はありません。

そのため、サヴァン症候群とギフテッドは顔つきだけでどちらか見分けるのは難しいのです。

 

なお、以下の記事では「話を組み立てられない」コミュニケーションの悩みの原因と対処法をご紹介しています。

話を組み立てられないために、人と会話をするのが苦手だと悩んでいる方もいると思います。

 

けれど、話を組み立てられない悩みを解消して会話上手になれば、自分に自信が持てるようになるでしょう。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

話を組み立てられないのは病気?ADHD?順序立てて話せない時の対処法!

 

ギフテッドの大人の特徴は顔つき?女の子や男の子にも当てはまる特徴を紹介

サヴァン症候群とギフテッドの違いとは?見抜くコツは顔つきに注目!

 

ギフテッドは子供だけを言うのではありません。

当然のことながら、ギフテッドとして生まれその能力を持ったまま大人になる人もたくさんいます。

 

続いては、ギフテッドの大人に見られる特徴についてご紹介していきます!

 

幼い頃から並外れた注意深さがある

 

ギフテッドの大人は何事に対しても並外れた注意深さを持っています。

そして幼い頃から、驚異的な集中力を発揮することが多いんです。

 

そして少しでも気になることがあると、納得するまで調べて最後までやり抜くという特徴があります。

多くの人が、途中であきらめるようなケースでも必ずやり抜くのです。

 

この注意深さと集中力は、勉強でも仕事でも高い評価に繋がります。

またこの2つの特徴から、自身の能力をさらに高めていくことも可能です。

 

ギフテッドは生まれながらにして優秀である上に、毎日レベルアップしているのも特徴ですね。

 

詳細を探るような質問をする

 

またギフテッドは、子供の頃から妙に大人びている人が多いのも大きな特徴です。

普通の子供ではあり得ないような大人も驚くような深い質問や、詳細を探るような質問を繰り返します。

 

ただし大人になると周りの状況も分かるようになるため、あからさまな質問はひかえるようになるでしょう。

しかし、本質はあまり変わりません。

 

時には相手がドキッとするような本質を突く質問をすることもあります。

これはギフテッドの人に多い、非常に発達した好奇心によるものだと言われていますね。

 

疑問をそのままにしておきたくないというのは、優秀なギフテッドにとってはある意味当然のことかもしれません。

 

人や物事を系統立てたがる

 

さらにギフテッドの子が大人になると、人や物事に系統を立てたがる様子が見られます。

自分の中で「これはA」「これはB」というようにに分類したくなるのです。

 

例えば複雑な図や数式があった場合と同様に、答えを導き出すための論理的な筋道が欲しくなります。

普通の人からすれば、別にどうでもよいと思うことも同様です。

 

ギフテッドにとっては、全てにおいて非常に重要で無視できないこだわりがあるのですね。

そして興味を持ったことに対して、徹底的に注意深く観察して知識や経験を吸収しようとします。

 

つまりギフテッドは、普通の人が努力が必要な事柄を無意識のうちにやってしまう傾向があるということです。

「やらなくちゃ」ではなく、自然にやってしまうんですね。

 

これがまさに普通の人と本当の天才との大きな差なのかもしれませんね!

 

なお、「よしやるぞ!」と思い立ってもいつも頓挫してしまうあなたへ。

以下の記事では、あなたの意思が弱くなってしまう原因となかなか行動できない自分を吹き飛ばす方法をご紹介しています。

 

詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください!

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

コレであなたもギフテッドに!IQが爆上がりする新しい脳トレとは?

サヴァン症候群とギフテッドの違いとは?見抜くコツは顔つきに注目!

 

ここまで読んで、ギフテッドがどれだけ素晴らしい能力があるのかお分かりいただけたと思います。

ギフテッドは神様からもらった特別な能力だと言われますが、できることなら自分もそんな優秀な能力を身につけてみたいですよね。

 

生まれつきの能力だから自分には関係ないと思うかもしれませんが、実は不可能ではありません。

そんな望みを叶える方法がすでに開発されているのです。

 

その方法とは、IQが爆上がりするという最新の脳トレ「宮地式脳トレ記憶術」になります。

この「宮地式脳トレ記憶術」はただの脳トレではありません。

 

開発者はあのIQ130以上の人しか加入できない組織「メンサ」の会員で、記憶力でギネス記録も樹立した宮地真一という人物です。

その優秀と記憶力のすごさから数々のメディアに登場している有名人ですね。

 

超天才が開発した脳トレは、年齢や経験に関係なく誰が使っても驚くほどの効果が実感できます。

現役の東大生も、この脳トレがIQや記憶力を高めるのに効果的だと推奨しています。

 

では実際に脳トレで何をするのかというと、1日にスマホで10分動画を見るだけなんです。

他にトレーニングなどは一切ありません。

 

これまでの脳トレと言えば、コツコツと計算ドリルや図形のドリルなどを解くのが一般的でした。

しかし「宮地式脳トレ記憶術」ではそのような面倒なことをしなくても、記憶力やIQが上がっていくのです。

 

宮地氏は記憶力やIQを高めるのに時間や労力は必要なく、大切なのは記憶のコツを知ることだけだと提案しています。

そして実際にその理論が正しいことを、数々の実績を積み上げることで本人が証明していますね。

 

この脳トレを実践すれば、誰でもギフテッドのような素晴らしい能力を身につけることも不可能ではありません。

平凡な人が天才になれる可能性も十分あります。

 

記憶力やIQはもちろん理解力も向上するので、学業や仕事だけでなく日常生活もガラッと変わるでしょう。

憧れのギフテッドに近付くために、ぜひ一度手に取ってその効果をご自身で体験してみてください!

 

他にも、以下の記事では後天的に身につけられる「写真のように記憶する方法」をご紹介しています。

脳の活性化に役立つのはもちろん、記憶力アップもできる内容なので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

写真的記憶術のやり方とは?後天的に一瞬で記憶する方法を徹底解説!

 

まとめ

サヴァン症候群とギフテッドの違いとは?見抜くコツは顔つきに注目!

 

サヴァン症候群とギフテッドは、どちらも飛び抜けて優秀な能力を持っている特別な人たちです。

大きな違いといえば、サヴァン症候群の人は自閉症があり、ギフテッドの人には自閉症がない点ですね。

 

どちらも天才と言われますが、彼らには本人しか分からない様々な悩みもあります。

特に普通の人達と過ごすことが多いギフテッドの人たちは、優秀過ぎるあまり周囲から浮くなどの悩みもあるのです。

 

それでも悩みを克服して素晴らしい能力を発揮しているギフテッドの人たちは、やはり普通の人からすれば雲の上の存在でもありますね。

でも、そんな優秀な能力を持つギフテッドに近づける方法があります。

 

それは、最新の脳トレでIQや記憶力を高める方法です。

最新の脳トレは1日10分スマホで動画を見るだけなので、コツコツとトレーニングする必要はありません。

 

記憶の専門家が開発した脳トレなので、たったそれだけで記憶力もIQも向上するんです。

脳トレで脳を鍛えながら憧れのギフテッドのように、レベルアップした自分に生まれ変わりましょう。

 

記憶力が向上しIQが高くなると、自分自身も自分を取り巻く世界も変わったことに驚くはずです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。