話を組み立てられないのは病気?ADHD?順序立てて話せない時の対処法!

話を組み立てられないのは病気?ADHD?順序立てて話せない時の対処法!

 

「話を組み立てられないのは病気なのか心配!病気じゃない時の原因や対処方法も知りたい」

 

話を組み立てられないために、人と会話をするのが苦手だと悩んでいる方もいると思います。

話したいことはたくさんあるのに上手に話せないのは困りますよね。

 

  • 話を組み立てられないのは病気なの?
  • 病気じゃなければ、どのような原因がある?
  • 話を組み立てられないときの対処法を知りたい!

 

など、話を組み立てられないことについて、いろいろと知りたいことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、話を組み立てられない原因や、困ったときに試してみたい対処法について詳しくご紹介していきます!

 

話を組み立てられないと病気ではないかと心配ですよね。

場合によっては、仕事や私生活にも支障が出てしまう可能性もあります。

 

「何が言いたいのか分からない」などと相手に言われると、焦ってさらに考えがまとまらなくなってしまう人もいるでしょう。

しかし社会人になると、人前で話をしなければいけない機会も増えます。

 

もし話を組み立てられない原因が何か分かれば、自分で対処できるようになりますよね。

話を組み立てられない原因と対処法を知って会話上手になると、自分に自信が持てるようになりますよ。

 

スマートな会話を楽しめるようになりたい方は、ぜひチェックしてみてください!

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

話を組み立てられない症状の病気は?ADHDや発達障害の可能性も?

話を組み立てられないのは病気?ADHD?順序立てて話せない時の対処法!

 

ここからは、話を組み立てられない症状の病気と、その特徴についてお話ししていきます。

人と会話をしていると、話を組み立てられないため不自然な流れになってしまう人っていますよね。

 

しかも、自分ではしっかり話しているつもりなのに「変わった人」というイメージを持たれるのはとてもショックです。

しかし大人だからといって、誰もが話を上手に組み立てられるわけではありません。

 

実は会話の起承転結をまとめるのが苦手で話を組み立てられないのは、病気が原因になっている可能性があります。

例えば、ADHDや発達障害などの疾患が考えられるのです。

 

ですが、もちろん病気以外の原因もないわけではありません。

「自分ももしかして?」と思う方は、次でご紹介する特徴に当てはまるかどうか、確認してみてください!

 

話を組み立てられないのはadhd?集中力が続かず衝動的な特徴も?

 

まず話を組み立てられない症状で考えられる病気にはADHDが考えられます。

ADHDとは注意欠如・多動性障害です。

 

ADHDの症状はいろいろありますが、注意力が散漫で衝動的に行動してしまうのが特徴です。

また会話では「順序立てて話をするのが苦手」など、まさに今回の悩みにぴたりと当てはまる症状もあります。

 

例えばADHDの人は次のような特徴を持つ人が多いのです。

 

  • 順序立てて話をするのが苦手
  • 整理整頓ができない
  • 集中力が続かずすぐに気が散ってしまう
  • 物忘れが多い
  • 1つのことを始めると
  • 常に体を動かしてしまう
  • じっと座っているのが苦手
  • 単調な作業が苦手
  • 短期で気分がころころ変わる
  • 会話で相手が話しているのに遮ってしまう

 

ADHDは主に子供の頃に診断を受けることが多いのですが、大人になってから初めて分かる人もいます。

またこれらの特徴は、だいたい子供にも大人にも共通しているのです。

 

上記の特徴は1つずつ見ると「少し落ち着きのない人」という印象だけで、流されてしまいやすい症状ばかりですね。

そのため自分も周りもADHDだとなかなか気付けない場合もあります。

 

また、なぜ自分は上手くできないのかと悩んでいる人もたくさんいます。

ただしADHDは自己判断することはできません。

 

もし上記の特徴にたくさん当てはまる場合は、専門家の診察を受けてみるのもおすすめです!

 

考えを言葉にできないのは発達障害なの?メモが取れない特徴も?

 

考えていることをうまく言葉にできない症状があるときは、発達障害などの可能性もあります。

 

発達障害がある人も、他人との会話やコミュニケーションが苦手というケースが多いのです。

発達障害でよく見られる特徴には、次のようなものがあります。

 

  • 人と目を合わせられない
  • 他人に関心がない
  • 変食が多い
  • 決められたことはできるが臨機応変に対処するのが苦手
  • 好きなことに異常に執着してしまう
  • 注意力が散漫である
  • 勉強が苦手
  • 空気が読めない
  • メモを取るのが苦手

 

上記の症状は、発達障害の人に現れる症状の一部です。

他人との会話に関連する特徴で注目すべきは、他人に関心がなくて臨機応変に対応するのが苦手だという点でしょう。

 

発達障害の人の中は、他人に関心が持てない人もいるため話は一方通行になりやすいのです。

また柔軟な思考が苦手な人も多いようです。

 

複雑な話を組み立てるのもあまり得意ではなく、自分の考えを言葉で表現するのも難しいと感じてしまいます。

さらに発達障害の人の多くは、メモを取るのが苦手です。

 

例えばたくさん話をしても、何が重要なのか分からないため一言一句すべて書き留めてしまう人がいます。

つまり要点をまとめるのが苦手だということですね。

 

これらの特徴から、発達障害がある人も話を組み立てられない症状に悩んでいる人も多いようです。

考えたことを上手く言葉にできないと悩む人もいます。

 

他人とスムーズにコミュニケーションが取れないのは、普通の人が想像している以上に大変です。

誰にも理解してもらえないのは辛いですよね。

 

このようなADHDや発達障害の人には、周りの人の理解と適切なサポートが重要になります!

 

なお、仕事を探すなら「興味の持てる資格」から探すのも一つの手です。

以下の記事では『無料ですぐ取れる資格』をランキング形式でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

自宅で取れる資格ランキング!無料ですぐ取れる資格一覧をご紹介

 

発達障害の人への適切な対応方法は?ADHDに適した職種とは?

 

発達障害のさまざまな症状は、本人が認識していない場合もあります。

ですから、できないことをキツイ口調で指摘したり、叱責したりするのは間違ったやり方です。

 

発達障害の人への適切な対応方法はいくつかあります。

 

  • できていることを褒める
  • できないことを無理強いしない、頭ごなしに叱らない
  • 説明や指示は短く簡潔に伝える
  • 曖昧な表現をしないで具体的に説明する
  • 言葉だけでなく視覚的な情報も提示する

 

発達障害の人と接するときは、感情的にならず冷静に落ち着いて話をすることが重要です。

また説明や指示は、簡潔に伝えた方が理解が深まります。

 

そして伝える際は曖昧な表現を避け、分かりやすく具体的に説明するのも大切なポイントですね。

場合によっては、言葉だけではうまく伝わらない場合もあるでしょう。

 

このようなときは、画像やイラストなど視覚的な情報を提示するのもおすすめです。

発達障害の人は一度にたくさんの情報を処理するのが苦手な人も多いため、お互いに焦ってしまうと逆効果です。

 

ゆったりとおおらかな気持ちで接するように心がけるようにしましょう。

またADHDや発達障害の人には、向いていない仕事があります。

 

例えば細かな作業を行う仕事や、うっかりミスが絶対に許されない経理の仕事や医療関係などですね。

また、柔軟な対応が求められる接客や営業などの仕事もあまり向いていません。

 

うまく対応ができず、強いストレスを抱えてしまう可能性もあるのです。

ADHDの人には自由な発想が良いアイデアを生み出すデザイナーやプランナー、企画発案などの仕事が向いています。

 

つまり、個性をプラスにできる仕事が向いているのです。

たとえ障害を持っていても、能力を発揮できる仕事を見つけられれば長所を生かすことができますね!

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

話を組み立てられない・うまく話せない・言葉が出てこない理由は?

話を組み立てられないのは病気?ADHD?順序立てて話せない時の対処法!

 

話を組み立てられない、上手く話せないという症状は、病気以外の理由も考えられます。

例えば、極度の緊張状態のときは考えが吹っ飛び、頭が真っ白になってしまうこともありますよね。

 

特に会議のプレゼンで上手に話せない、自己紹介が下手な人などは緊張が原因かもしれません。

また異性を前にするとドキドキして言葉が出てこないという人もいます。

 

これは異性に対するコミュニケーション能力の未熟さが原因です。

どちらも場数を踏んで経験を積むことで、このような症状に悩まされることが少なくなります。

 

つまり「慣れ」で乗り越えられるのですね。

一方で加齢による脳の衰えなどが原因で、言葉が出てこなくなるケースもあるようです。

 

さらに脳が衰えると物忘れなどもひどくなります。

記憶力が低下して考えがまとまらなくなってしまうと、人と会話をするのも苦痛になりますね。

 

加齢による脳の衰えは、他人とのコミュニケーションを拒んでしまう大きな原因になってしまいます。

 

ちなみに以下の記事では、写真のように記憶できる人になるための記憶力トレーニング方法をご紹介しています。

脳を活性化させて、記憶力だけでなくコミュ力を土台からアップさせたい方はぜひご覧ください!

 

映像記憶能力テスト!写真記憶できる人になるトレーニング方法とは?

 

話が組み立てられない病気以外の対処法は?順序立てて話せない時の注意点!

話を組み立てられないのは病気?ADHD?順序立てて話せない時の対処法!

 

ここまでは話が組み立てられない原因について、病気と病気以外の原因をお話してきました。

実は病気以外が原因の場合は、自分でその症状を改善して対処することも可能です。

 

ここからは話が組み立てられない病気以外の対処法についてお話ししていきます!

 

「脳トレ」で人の話をまとめる力をつける

 

もしも緊張や加齢による脳の衰えで上手く話せないと感じているなら、まずは脳トレを活用してみるのがおすすめです!

なぜ脳トレを一番におすすめするのかというと、ポイントは大きく分けて2つあります。

 

まず1つめのポイントは、脳トレには会話スキルを上げる効果がある点です。

脳トレを行うと、脳が鍛えられるため基本的な言語能力を高められるので、話が組み立てられるようになります。

 

2つ目のポイントは、脳を活性化して論理的な考え方ができるようになる点です。

ご存知の通り脳トレは、普段使っていない脳を鍛えるトレーニングなので、脳の衰えを改善し機能を高める効果も期待できます。

 

脳トレで脳を活性化することにより記憶力や思考力が上がると、話をまとめる力が身に付くんです。

論理的な思考ができるようになると、会話の流れもスムーズになりますね。

 

脳が正しく使えていると、コミュニケーション能力もアップします。

さらに自分の考えを明確に言葉にして、スムーズに相手に伝えられるようになると自信も出ますよね。

 

自信を持って堂々と話せるようになると、仕事でもプライベートでもたくさんのメリットを得られます。

そもそも従来の脳トレは、高齢者の認知症予防やボケ防止が主な目的とされていました。

 

しかし最新の脳トレは、子供からお年寄りまで幅広い年齢層を対象としています。

そして、実際に学校の勉強や資格試験、コミュニケーション能力のアップなどさまざまな効果を発揮しているんです。

 

特に「宮地式脳トレ記憶術」という脳トレは今話題になっています。

なんとスマホで10分の動画を見るだけで、誰でも脳をしっかり活性化できるんです。

 

実は脳を鍛えてしっかり使えるようにするためには、面倒なトレーニングや長い時間の勉強は必要ありません。

たった10分なので、どこでも手軽にてきてしまいます。

 

つまり努力しなくても、ポイントさえ押さえれば短時間で効率的に脳のトレーニングができるのです。

最新の脳トレを実践すると、短時間で効率的に会話上手な人になれます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

話が組み立てられない病気以外の人が話すときに注意すべきことは?

 

話が組み立てられない人は脳トレを実践するとともに、人と接する機会を増やしていくことも重要です。

意識して「人と接して話す」経験を増やすと、だんだん慣れてきます。

 

そのため、上手く話せないからといって殻に閉じこもってしまうのは逆効果です。

先ほどもお話したように、脳トレを実践することで確実に話をまとめる力が身に付いていきます。

 

たとえ最初は失敗したとしても気にせず、1つの失敗が自分を変える糧になると考えれば怖くありませんね。

前向きにコミュニケーションを取っていけば、大丈夫です。

 

そうすると話を組み立てられるようになり、会話に対する苦手意識を克服することができますよ!

 

なお、「よしやるぞ!」と思い立ってもいつも頓挫してしまうあなたへ。

以下の記事では、あなたの意思が弱くなってしまう原因となかなか行動できない自分を吹き飛ばす方法をご紹介しています。

 

詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください!

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

まとめ

話を組み立てられないのは病気?ADHD?順序立てて話せない時の対処法!

 

話を組み立てられないという症状には、病気と病気以外の原因が考えられます。

もしも病気の可能性がある場合は、まずしっかりと専門的な知識を持つ医師の診断を受けてみることが大切ですね。

 

そして病気が原因ではない場合は、最新の脳トレをやってみるのもおすすめです。

スマホで10分動画を見るだけという効率的な脳トレは記憶力や思考力を高め、脳全体のスキルを上げることができます。

 

話を組み立てられるようになり、人との会話が弾むようになりますよ。

脳トレを活用して苦手意識を克服し、知的でスマートな会話ができる人に生まれ変わりましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。