頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

頭でわかっていても行動できないのは病気?原因や解決方法を解説!

 

「頭でわかっていても行動できないのは病気のせい?原因や解決方法を知りたい!」

 

頭ではわかっているのに、いざ行動しようと思うとできないという経験をしたことはありませんか?

やるべきことがあるのに行動できないと、何か病気なのではと不安になりますよね。

 

  • 頭でわかっていても行動できないのは病気なの?
  • やらなくちゃいけないってわかっているのに行動できないのは原因がある?
  • 頭でわかっていても行動できないときの解決方法を知りたい!

 

など、頭でわかっていても行動できないことについて、いろいろな疑問があるのではないでしょうか?

 

そこで今回は「頭ではわかっていても行動できない原因」と、さらにその解決方法までご紹介していきます!

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

頭でわかっていても行動できないのは病気?可能性のある病気は?

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

頭でわかっていても行動できない原因には、まず病気が考えられます。

病気にもいろんなものがありますが、一般的には統合失調症やADHDなどの可能性が高いのです。

 

ここでは主にこの2つの病気について詳しく見ていきましょう!

 

頭でわかっていても行動できない症状は病気?統合失調症?ADHD?

 

統合失調症とは脳の働きをまとめるのが苦手な病気です。

主な症状としては意欲の低下や幻覚や幻想などで、話している内容が支離滅裂になってしまうこともあります。

 

症状は個人差が大きいですが、人間関係が上手くいかずに悩みを抱えている人も多いのです。

また、原因は今のところ判明しておらず、仕事のストレスや大きな不安や緊張などで発症するのではないかと考えられています。

 

そのため「やらなければいけない」と頭では理解できているのに意欲の低下で行動できないケースも少なくありません。

これは怠けているのとは全く別の話です。

 

さらに、同じような症状が起こる病気でADHD(注意欠如・多動症)などもあります。

これは発達障害の1つで、心の病気ではなく脳の障害です。

 

ADHDは、子供の頃に診断を受けて発覚する人が多いのですが、大人になるまで気付かずに過ごしている人もいます。

このADHDの主な症状は、落ち着きがない、集中力が続かない、常に体を動かしてしまうなどが特徴です。

 

そのため、頭ではわかっているのに行動できないという状況も、頻繁に起こる可能性があります。

仮に統合失調症やADHDの疑いがある場合は、専門医の診察や治療を受けながら気長に症状を改善していくしかありません。

 

また、家族や周りの人が理解して上手にサポートしてあげることが大切ですね!

 

なお、以下の記事では「話を組み立てられない」コミュニケーションの悩みの原因と対処法をご紹介しています。

話を組み立てられないために、人と会話をするのが苦手だと悩んでいる方もいると思います。

 

話を組み立てられない悩みを解消して会話上手になれば、自分に自信が持てるようになりますよ。

詳しくは以下の記事でご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

話を組み立てられないのは病気?ADHD?順序立てて話せない時の対処法!

 

頭でわかっていても行動できない症状の改善策は?1つに集中すべき?

 

もし統合失調症やADHDなどの病気が理由でこのような症状が出てしまう時は、1つの作業に集中すると改善する場合があります。

これらの病気の人は、多くの場合複数の作業を同時に並行しながら行うのが苦手です。

 

あれもこれもと考えるだけで、パニックになってしまう人もいます。

そのため、まずやらなければいけないことの優先順位を付けて、1つずつ確実に終わらせていくのが良いでしょう。

 

自分で優先順位が点けられない場合、家族や上司、先生などにサポートしてもらいましょう。

この方法では確かに効率は下がってしまいます。

 

しかしこれなら最低限やらなければいけないことは終わらせることができますね。

どんなに小さな課題でも、ひとつでも終わらせられると達成感も味わえて、モチベーションアップにもつながります。

 

もちろん、統合失調症やADHDの症状は個人差があるものです。

自分でもいろいろ試して、集中力を維持しやすい方法を見つけていくことも重要ですよ!

 

さらに、記憶力を高めて、もっと頭が良くなりたい方へ。

今、期間限定で『たった10分動画を見るだけ!宮地式脳トレ記憶術』を無料で受け取ることができます。

 

この脳トレは記憶力のギネス記録を樹立した宮地真一氏が開発したもので、数々のテレビでも話題の脳トレです。

記憶力やIQが上がると、当然、資格の勉強がはかどったり、仕事でも力を発揮できたり、人生のあらゆる場面でプラスに働きます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

頭でわかっていても行動できない!なかなか行動できない理由や原因とは?

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

では次に病気以外の原因について考えてみましょう。

頭でわかっていても行動できないのは、もしかすると自分の心の問題や感覚の緩さが原因かもしれません。

 

こちらも少し詳しくお話ししていきます!

 

①:病気の可能性

 

ここでは「病気以外」と前置きしましたが、実は「鬱の一歩手前」の状態もあるのです。

例えば「ストレス過多でやる気が出ない」「どうしても動きたくないし動けない」などのケースも考えられますね。

 

一般的に心が疲れていると倦怠感がひどくなり、やる気が低下してしまうことは少なくありません。

すべてのことを投げ出したくなってしまうこともあるでしょう。

 

このような状態は病気とまでは言えませんが、そのまま放置しておくと病気になってしまう可能性もあります。

決して健康的な状態とは言えません。

 

例えば最近なぜかやる気が出ない、すぐに涙が出る、攻撃的な感情になってしまうなどの症状もあるなら要注意です。

他にも眠れない、食欲がない、または食べ過ぎてしまうなども注意したほうがいいですね。

 

もし自覚があるなら、ひどくなる前に早めに専門医の診察を受けてみることをおすすめします!

 

②:時間の感覚が緩い

 

さらに病気や病気一歩手前でもなく、ただ単に時間の感覚などが緩いだけというケースもあります。

その理由は、おそらく脳が活性化されておらず鈍くなっているのが原因でしょう。

 

別の言い方をすれば緊張感が足りないとも言えるかもしれません。

実は、単調な生活が続くと刺激がなくなり、脳が上手く働かなくなることがあります。

 

また、加齢などで脳のさまざまな機能が落ちてしまった時も同様です。

そしてその結果として「面倒だな」「今やらなくてもいいかな」などと考えて行動できなくなってしまいます。

 

この場合もさぼっているつもりはなく、とにかく行動に移せない状態なんです。

しかし、周囲に迷惑をかけてしまう恐れも十分ありますよね。

 

それに、このままの状態が続けば周囲に理解を得るのも難しく、信用や信頼も失ってしまうでしょう。

できるだけ早く対処すべきですが、自分ではなかなか改善するのは難しいのです。

 

そこで次の項目では、誰でも簡単に脳の機能を高められる方法についてお話ししていきます!

 

ちなみに以下の記事でも、後天的に身につけられる「写真のように記憶する方法」をご紹介しています。

脳の活性化に役立つのはもちろん、記憶力アップもできる内容なので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

写真的記憶術のやり方とは?後天的に一瞬で記憶する方法を徹底解説!

 

頭でわかっているが行動できない解決法は?脳トレで考えを変える?

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

ここまでご紹介してきたように、頭でわかっていても行動できない原因には、病気の場合と病気ではない場合があります。

もしも病気の場合は専門医の診察と治療が必要です。

 

しかし、病気ではない場合は実は「脳トレ」で症状が解決することがあります。

というのも先ほどお話ししたように、行動せず先伸ばしにしてしまうのは、意識や感覚が緩くなっているのが原因だからです。

 

つまり脳の働きが鈍くなっている状態といえるでしょう。

そこで、まずは脳トレで脳を活性化させて意識や感覚が研ぎ澄まされるようするのです。

 

そして、「頭でわかっていても行動できない状態」を良くしていくのですね。

そもそも脳トレは、昔から高齢者の認知症予防やボケ防止に効果的だと言われてきました。

 

脳に刺激を与えるには、やはり脳トレが非常に役に立ちます。

しかし行動できない状態なのに、教材を使ってコツコツ時間をかけて脳トレするのは苦痛ですよね。

 

そこで、ここでご紹介したいのは最新の脳トレ「宮地式脳トレ記憶術」です。

この脳トレは、教材も不要ですし時間をかける必要もありません。

 

やることはスマホで1日10分の動画を見るだけで良く、難しいトレーニングなども全く必要ないのです。

スマホで動画を見るだけなら、寝ころんだままでもできてしまいますよね。

 

しかも「宮地式脳トレ記憶術」は脳を活性化するだけでなく、記憶力やIQまで高めることができることで話題になっています。

開発したのは記憶力で世界新記録も樹立している人物「宮地真一氏」です。

 

なんと宮地氏は、世界中の中からIQ130以上しか加入できない高IQ組織の「メンサ」の会員でもあります。

数々のメディアにも登場しているので、ご存知の方もいるかもしれません。

 

これほど優秀な記憶の達人が考案した脳トレは、内容も非常にシンプルです。

脳トレなんて面倒だな、と思う人でもこれならストレスなく続けられそうですよね。

 

さらに内容が簡単でシンプルなので、小学生からお年寄りまで年齢や経験に関係なく誰でも使えるのも大きな魅力です。

このように脳トレで脳を活性化して記憶力やIQ が上がれば意欲も出てきます。

 

物事を論理的に考えることができるようになり、何でも先延ばしにしてしまう悪い癖も改善していくでしょう。

つまり脳トレを習慣化することで、生活の質が向上するということです。

 

そしてそこからやる気やモチベーションが高まり、やがて自分に対する自信にも繋がっていきます。

 

“あるコツ”さえ分かれば、ドンドン記憶力が上がり、頭も良くなるので、ぜひ今のうちに取り入れてみてください!

↓  ↓  ↓

※世界一の脳トレが今だけ無料!

 

 

そしてすぐに行動に移せる、レベルアップした自分に生まれ変わりましょう!

 

なお、以下の記事では「吉野式記憶術」の評判についてわかりやすくまとめています。

怪しいという噂はもちろん、どういった方法の脳トレなのか気になる方は、ぜひチェックしてみてください!

 

吉野式記憶術は怪しい?ラインの口コミやトレー二ングのやり方とは?

 

まとめ

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

頭でわかっていても行動できない原因には、病気とそれ以外にもあることをご紹介しました。

以上の内容を踏まえても、実際に病気なのかどうかは自分で判断するのは難しいですね。

 

病気の場合は、適切な治療で症状が改善することもあります。

そのため、不安な方は一度専門的な診察を受けてみることをおすすめします。

 

そして病気が原因ではないと判断できた場合は、ご紹介した最新の脳トレ「宮地式脳トレ記憶術」をぜひ試してみてください。

そうすればきっとこれまでよりも頭がスッキリと活性化して、やる気もみなぎってくるようになります。

 

脳トレをすると記憶力もアップするだけでなく、IQも高くなるので自然にすぐに行動できる自分へと変われますよ。

いろいろなことに対して、前向きになれるのもメリットです。

 

頭でわかっていても行動できなかった自分への後悔や、不安感もなくなるでしょう。

悩みのない毎日を過ごすために、心身ともに健康でありたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。