50歳のおばさんが宅建士に!50代主婦が未経験から宅建士に転職するには?

50歳のおばさんが宅建士に!50代が未経験から宅建を取って転職するには?

 

「50歳のおばさんが宅建士にって無謀?50代で未経験でも宅建を取って転職する方法ってある?」

 

人生の節目である50代に第2の生き方を考え、何か資格をとって新しく仕事を始めてみたいという人も多いでしょう。

例えば、50歳の女性が未経験から宅建の資格を取って転職するなんて素敵だと思いませんか?

 

  • 50歳のおばさんが宅建士になれるかな?
  • 50代が未経験から宅建を取って転職する方法はある?
  • 50代で宅建の資格を取るためのいい勉強方法を知りたい!

 

など、50代で宅建を取って転職するための知識を得ておきたいですよね。

そこで今回は、50歳のおばさんが宅建士になれるか、宅建の資格を取って転職できるのかというテーマでお話していきます。

 

宅建と言えば女性にも人気の国家資格の1つですよね。

取得できれば、収入がアップし自立して生活していけるようになるのは間違いありません。

 

結論から申し上げると、50歳のおばさんでも宅建の資格を取ることは可能です!

実際に資格を取るための勉強法も具体的に調べてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

50歳のおばさんが宅建士に?今からでも遅くない3つの理由とは?

50歳のおばさんが宅建士に!50代主婦が未経験から宅建士に転職するには?

 

50歳のおばさんが宅建士になるってどうだろうと思うかもしれませんが、可能性は大いにあるのです。

最近の50代は心身ともに若々しいですよね。

 

そもそも「おばさん」という言い方もふさわしくないかもしれません。

ここでは最初に50代における、宅建試験の実情についてご紹介していきます!

 

意外にも50代の申込者が多い

 

宅建の資格は、男性にも女性にも人気の国家資格です。

不動産関係の仕事をするなら必須の資格と言っても良いでしょう。

 

そのため、不動産業界で働く現役会社員などは20代や30代などで宅建資格を取る人も少なくありません。

しかし意外にも50代の申込者も多いと言われています。

 

実は宅建は受験資格に年齢制限や職歴などが一切なく、誰でも受けることができる資格です。

しかも法律関係の資格の中では難易度も低く、合格率は約15~18%もあります。

 

性別も年齢も職歴も関係がない、しかも比較的難易度が低い資格は狙い目なんです。

これらの理由から宅建は、50代の女性でも合格を狙いやすい国家資格として人気が高まっているのですね!

 

試験申込者の30%以上が40代〜50代

 

それでは宅建に申し込む人の中で、40代~50代はどれぐらいの割合なのかでしょうか。

全体のおよそ30%以上だと言われており、つまり約3人に1人は40代か50代ということです。

 

おそらく想像以上に40代50代の割合が多く、驚いた人もいるのではないでしょうか?

宅建は中高齢世代にとっては花形の国家資格で、受験者はとてもたくさんいます。

 

もし50歳で宅建士になりたいという夢があるなら、ぜひ諦めずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

50代で不動産会社に転職するケースは珍しくない

 

さらに50代が、未経験の状態から不動産会社に転職するケースも決して珍しい話ではありません。

資格さえ取れれば業務に必要な知識をアピールすることができるため、採用される可能性は高くなります。

 

ただし未経験の場合はやはり即戦力とはなりません。

そのため、最初はパートやアルバイトから働き始める人もいます。

 

しかしコツコツ真面目に働いて経験を積んでいけば、正社員になれるチャンスも十分出てくるでしょう。

また経験を積めば、独立起業することも可能です。

 

独立起業すれば、定年など関係なく安定して働き続けることができますね!

 

なお、以下の記事では、【50代以上の女性向け】で人生をやり直しできる資格をご紹介しています。

宅建士の他にも人生を逆転できる資格をお話しししていますので、ぜひチェックしてみてください!

 

50代で人生やり直しできる資格とは?中高年がガチで食える資格をご紹介!

 

宅建事務!40代〜50代主婦が未経験から資格を取って転職するには?

50歳のおばさんが宅建士に!50代主婦が未経験から宅建士に転職するには?

 

続いて、不動産関係の仕事が未経験の40~50代の主婦が、実際に資格を取って転職する方法をご紹介していきます。

宅建を取れば、仕事内容は宅建事務などが中心になるでしょう。

 

先ほどもお話ししたように、宅建は他の国家資格に比べて50代から挑戦する人が多いのです。

しかし実際に資格を手にして働き始めるのは簡単なことではありません。

 

詳しい流れを見ていきましょう!

 

通信講座を受講する

 

まず宅建の資格の勉強をするには「独学」「資格スクールに通う」「通信講座を受講する」などの方法があります。

ある程度知識があり、自信がある人は独学でチャレンジするのも良いでしょう。

 

またお金をかけてでもしっかりした手厚いサポートを受けながら勉強したい人は。資格スクールに通うのもいいですね。

不動産関係の仕事が未経験で、しかもある程度の自由な時間がある主婦におすすめです。

 

スクールなら一緒に勉強する人から刺激を受けますし、勉強や受験情報も早く得やすいでしょう。

通っているからこそのメリットはたくさんあります。

 

しかし忙しくてスクールに通う暇がない人や、自宅でテキストや動画を使って勉強したい人には通信講座がおすすめです。

通信講座も数万円程度の受講料はかかりますが、マイペースに勉強できます。

 

外出しなくて済むため、移動時間が有効に使えるのもメリットです。

そのうえ通信講座ではプロの講師に疑問や質問ができたり、過去問を元に作った模擬テストなどを受けたりすることもできます。

 

150~250時間勉強する

 

次に勉強時間についてですが、宅建の資格は既に知識があるかないかで必要な勉強時間がかなり変わります。

一般的には、不動産業界などで働いた経験がある人で勉強時間は約100~200時間ほどです。

 

逆に全く未経験で知識がない人は200~500時間ほど必要だと言われています。

もちろん、この勉強時間は個人差もあるため一概には言えません。

 

しかし通信講座などを利用して勉強すれば、未経験の人でも150~250時間程度で合格を狙うこともできます。

例えば250時間の勉強なら1日に1時間の勉強で約8ヶ月です。

 

1日2時間なら4ヶ月なので、半年あれば試験対策ができますね。

このように40~50代で宅建試験にチャレンジするなら計画的に勉強をすることが大切です!

 

ライフスタイルなども考慮しながら、計画を練ってみてください!

 

試験を受け、合格する

 

計画的な勉強で確実に合格を狙えるレベルになったら、後は実際に試験を受けて自分の実力を試してみましょう。

ちなみに宅建試験は1年に1度だけ、毎年10月の第3日曜日に全国の会場で実施されます。

 

つまり合格のチャンスは1年に1回のみしかありません。

ちなみに、願書の提出は7月頃から受け付けが始まります。

 

さきほどの勉強時間の目安を参考にしながら年内の試験を受けるのか、または翌年の試験を狙うのか考えてみてください。

確実に合格したいなら、1年間しっかり勉強するのもおすすめです!

 

もちろん一気に勉強して、年内取得をめざすのもありですよ。

 

求人を探して応募する

 

そして見事に宅建試験に合格できたら、後は職場を探すだけです。

とはいえ、50代女性の就職や転職は簡単にはいかないことも多いでしょう。

 

なぜなら不動産業界は定年がある会社も多くあります。

そのため、定年退職まで10年ほどしかない中高齢の女性よりも先が長い若手を採用する傾向が高いのです。

 

しかしだからといって絶対に就職できないわけではありません。

人生の経験者を必要としている会社もあるので、たくさんの求人に申し込むことで就職や転職のチャンスは十分あります。

 

大切なのは絶対に諦めないことです。

せっかく努力して宅建の資格を取るなら、理想的な職場に就職できるように頑張りましょう!

 

なお、「よしやるぞ!」と思い立ってもいつも頓挫してしまうあなたへ。

以下の記事では、あなたの意思が弱くなってしまう原因となかなか行動できない自分を吹き飛ばす方法をご紹介しています。

 

詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください!

頭でわかっていても行動できないのは病気?なかなか行動できない原因や対策

 

50代で資格をとって人生やり直したい人におすすめ!IQが上がる脳トレとは?

50歳のおばさんが宅建士に!50代主婦が未経験から宅建士に転職するには?

 

ここまでお話ししてきたように、50歳から国家資格を取るのは不可能ではありません。

しかしやはり勉強時間などを見ると難易度が高いと感じたのではないでしょうか。

 

勉強内容を覚えられない、新しい内容が頭に入らないという不安も解消できるでしょう。

そんな女性におすすめしたいのが、記憶力とIQが上がると評判の最新の脳トレ「宮地式脳トレ記憶術」です!

 

脳トレがあれば、独学で宅建試験に合格するのも決して夢ではありません。

しかし、一般的に脳トレというと計算問題などで高齢者のボケ防止や認知症予防をするイメージがありますね。

 

でもこの脳トレは年齢や経験などは一切関係なく誰でも使える講座になっています。

例えば現役の受験生や自己啓発に役立てたい会社員、物忘れを改善したい主婦など様々な年代の人が利用しています。

 

中には80代で実践し、効果を実感している人もいるのです。

なぜこの脳トレがそれほど人気なのかというと、それは効果の高さとシンプルな内容の2つが主な理由ですね。

 

実は「宮地式脳トレ記憶術」は、1日に10分スマホで動画を見るだけでOKなのです。

テキストなども不要で、しかもそれだけで勝手に記憶力とIQがどんどん高まっていきます。

 

これなら確かに年齢など関係なく誰でも、どこでも使えますね!

記憶力とIQが高まれば、当然宅建の資格の勉強も効率的に進められますし、内容もすぐ覚えられるようになります。

 

ただ単に暗記力が良くなるだけでありません。

物事を論理的に考えるようになることで何でも効率的に作業できるようになるでしょう。

 

例えば日常の家事などでも、時間をかけずにこなせるようになっていきます。

そうなると自由な時間が増えていくので、さらに勉強時間も確保できるようになっていくのです。

 

そして様々なことが上手くいくようになるため、人生そのものに対して前向きにもなれるはずです。

一般的に50歳を過ぎる頃から自分の記憶力に自信が無くなっていくため、あらゆることに不安を抱えています。

 

だからこそ脳トレで脳を鍛えることが大切なのです。

実は記憶力は、分厚い教材をこなすなどして時間をかけて良くなるものではありません。

 

要はコツさえ掴めば、誰でも簡単に短時間で記憶力を上げることができます。

そのコツをしっかり習得できるのが「宮地式脳トレ記憶術」というわけです。

 

せっかくチャレンジするならやっぱり1発合格を目指したいですよね!

思い描いている理想的な第2の人生を実現するために、ぜひ脳トレを毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

他にも、以下の記事では女性が簡単に取れる国家資格をご紹介しています。

1ヶ月で取れる国家資格、1日で取れる資格にはどんなものがあるのか知りたい方はぜひチェックしてみてください!

 

簡単に取れる国家資格!女性が1ヶ月で取れる国家資格、1日で取れる資格は?

 

まとめ

50歳のおばさんが宅建士に!50代主婦が未経験から宅建士に転職するには?

 

ここまでご紹介してきたように、50歳のおばさんでも未経験から宅建の資格を取って就職や転職することは可能です。

ただし資格を取るためには勉強時間をしっかり確保することが重要です。

 

資格講座などを利用するのも良いでしょう。

そして勉強したことをしっかり頭に入れるためには、毎日10分の脳トレが大きな効果を発揮します。

 

脳トレを実践すれば、独学で試験合格を狙うことも可能です。

50歳から第2の人生を元気よくスタートさせるために、ぜひ自分に合った勉強方法を探してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。